MAO ASADA ICE SHOW 2022 BEYOND @滋賀! 初演です‼️

皆さん、こんばんは。

BEYOND滋賀公演、行ってきました。

遂に真央ちゃんの新しいICE SHOWである”BEYOND”が、そのベールを脱ぎました。

いや、本当に衝撃を受けました。もはや、これは「新しいカテゴリーのエンターテイメントの誕生!」ではないかとさえ感じます。”現在の”真央ちゃんの美しく、かつ凄まじいスケーティング技術を駆使して、タラママの振付を真央ちゃんがアレンジして演じる単独での過去プロにも悶絶必至ですが、群舞やペアでの演技では、ミュージカル、オペラ、そしてバレエといった様々なジャンルの芸術を「氷の上」という特殊な環境の上で、高い技術を持ったスケーター達が通常の舞台上では出来ない、

「滑らかな流れるような動き」「スピン」「スパイラル」「ステップ」「ツイヅル」「ペアのリフト」

といった「フィギュアスケートならではの動き」を取り入れて演じることで、オリジナルとは一味違った、いやオリジナルを超えるような

「迫力」「深み」「表現力」

を生み出すことに成功しています。

そして、スケーター達のパフォーマンスと共に、観客の度肝を抜くのが「絶妙な曲の編集」と、真央ちゃんも注目して欲しいと言っていたスケーター登場口に設置された巨大モニター3つと、ロングサイドとショートサイド観客席前に配置された無数のモニターに映し出される「圧巻の映像」です!

もうとにかく、凄い!圧巻!真央ちゃんの選曲・編曲、そして曲の配置など、総合プロデューサーとしてのセンスに改めて驚愕しますし、映像に至っては神レベル!です。

さて、前置きが長くなってしまいました。

もうご存知の方も多いと思いますがBEYONDの演目は以下の通りです。

「演目」の色分けは振付師で行なっていて青がローリー赤がタラソワ緑がそれ以外で、「スケーター」の方は、真央ちゃんが登場するものをピンクにしています。

今回怪我で出れなかったエルニはCAST全員のところは滑るとして、映像との絡みもあるので、岳斗先生と交代してタンゴを滑るのは確実?だと思いますが、もしかしてチャルダッシュも、今回は岳斗先生でしたが、白鳥の湖で体力を使った先生ではなく、本当はエルニが滑って先生には休んでいただく構成なのかも?と思ったり・・・。私を含め、現地の多くのファンは、岳斗先生のチャルダッシュでの頑張りに感動していただけに、少し残念な気もしますがどうなんでしょう???

でも、もしかしたら、柴田くんとエルニが交代かもしれないし、これはわからないですね。

あと、カルメンもスペイン人のエルニは当然入るかな?という気はしますが、映像差し替えないといけないし、これもどうなんでしょう?

まあ、兵庫公演でのお楽しみですね!それまで、岳斗先生、頑張って❗️

さて、話を演目に戻しまして、MTTの時は、どうだったか?というと、こんな感じです。


わかっていたとは言え、こうして改めて見ると、サンクスツアーは本当にローリー色が強かったですよね。タラソワの振り付けしたプロで、真央ちゃんが滑ったのはラフマニノフだけ、しかもラストの短い時間でしたからね。

BEYONDでは、「タラソワ振付とローリー振付の演目が各々6つで同数」となっており、しかも、真央ちゃんが、そのタラソワ振付のプロのうちの4つを滑るという構成になっていますから、これだけでファンにとっては新鮮に感じるし、何か感慨深いんですよね・・・。

真央ちゃんが登場する演目の数は、MTTもBEYONDも同じ、9つですが、MTTは18の演目があったのに対して、BEYONDは15しか演目がないので本当に、ひっきりなしに真央ちゃんが滑っている印象です。

更に、MTTではショーを創っていくプロセスなどを紹介するビデオが流れる時間が結構ありましたが、BEYOND では、それはなくて、凄く短い”つなぎ”の音楽が流れるところはありますが、

正真正銘のNON STOP!

のショーであり、かつ、BEYOND のスタートから、エンディングまでの時間は

90分ではなく100分!

ですから、真央ちゃんは、もちろんですが、スケーター全員にかかる負荷もMTTより格段に増えていると思います。

あと、結構大事なことですが、一旦、ショーが終了した後、アンコールの拍手からスケーター達が再登場し、3方向のファンに挨拶をし、リンクを2周、周回した後、スクリーンでスケーターを紹介しながら一人一人が退場して、最後に真央ちゃんが居なくなるまで観たら、余裕で110分以上かかります!ので、帰りの交通手段の時間との兼ね合いには十分に注意する必要があると思います。

はい、というわけで、ここから、まだ3回しか観てないので、間違っているかも知れませんが、各演目について覚えていること、印象に残ったことなどを、極々簡単に書いていきたいと思います。

<Sing Sing Sing>

・事前に唯一公開されていたGOLDの衣装。ハツラツとした表情の真央ちゃんを見れて、初演では泣きました・・・。

・この演目がオープニングだろうと予測はついていたものの、始まる前の映像に心揺さぶられるし、演技が始まった時の映像にも圧倒され一気に引き込まれる

<I Got Rhythm>

・森の中の山小屋の映像の中、可愛らしい衣装を着た真央ちゃん、スケーターたちがミュージカルっぽい演出の中で躍動!

・籠を持った女性スケーターが観客席の最前列にいる子供とジャンケンをして、子供が勝つと?籠の中の”BEYONDグッズ?”をプレゼントするという演出あり。

<ラベンダー> 

・BEYONDのHPの動画でも見たラベンダー畑の美しい映像をバックに遥ちゃんと柴田くんが滑る。初演では泣きました・・・。

・スケーターの滑りや、スピン、登場に合わせて巨大スクリーンに花びらが舞う映像が流れる仕掛けが新鮮で感激

<SAY HEY KID>

・悠良ちゃんがメインのプロで小悪魔的な?悠良ちゃんが3人の男性を手玉に取る?感じですかね。

・映像が素晴らしくて、バックに映しだされているNY?らしきの街並の中を時々車がビューンと通り過ぎるのが好きでした(何のことかわからないと思う)

<Pick Yourself Up>

・優くんが3A跳びます!滋賀公演では3回とも成功!

<シェヘラザード>

・とにかくヤバいです。衣装も露出多いし振り付けも、何もかも!lこれは子供に見せちゃいけません?このプロから、一気に会場の雰囲気変わります!

・衝撃的過ぎて涙は出ませんでした(笑)

・思えば、その昔、我々はTHE ICEでの真央ちゃんとバトルとの短い時間の共演で盛り上がっていたわけですから、これを観て正気でいられるはずがありません!

<カルメン>

・何と、11分を超える大作!でも引き込まれるので全然長く感じない。女性スケーターのそれぞれの魅力が引き出されている秀逸なプログラム。

・凛とした雰囲気のレオニーちゃんのソロからスタートし、女性スケーター1人1人が順番にソロを演じて、タンバリンを持って滑る遥ちゃんにKOされる展開。

<バラード第一番>

このショーで唯一、真央ちゃんがジャンプを跳ぶプロ。3Lo1本と2Aを2本跳んでくれます。イナバウアーも披露してくれます。

・個人的に白バラ派でしたが、今回の衣装も好きです!タラソワ振り付けをアレンジし、”現在”の技術で演じるバラ1に、ただただ感激。

<幻想即興曲>

・真央ちゃん以外のスケーターが真っ白い衣装を着て、遥ちゃんを優くんがリフトした形で、群舞がスタート。

・振り付けも正に幻想的で、かつ個々のスケーターの技術が高いのでスピンもピッタリ揃ってるし、とにかく美しい

・真央ちゃんが後半からJOIN!

<シュニトケ・タンゴ>

・優くん、恭くん、岳斗先生の順番でソロを繋ぐ展開(記憶あやふや)。おそらくエルニの怪我が治れば岳斗先生と交代か???

・真央友さんからは、真央ちゃんに滑って欲しかったとの声が多く聞かれたプロ(無理です!)

<白鳥の湖>

・個人的には「シェヘラザード」と並び双璧のプロ。何と、演目の時間は18分を超える超大作!(最初に流れるビデオ部分を除く)

・真央ちゃんが、オデットとオディールの2役を演じ、柴田くんがジークフリート王子、岳斗先生がロットバルトを演じる。

・もう、これはあれこれ言わないで観てもらうしかないレベル。もはやバレエをBEYONDしているのでは?

・真央ちゃんは競技プロの時より凄まじい滑りを見せてくれるし、柴田くんとのコンビでスロー2Loを跳ぶ

<チャルダッシュ>

・ついつい岳斗先生の頑張りに目がいってしまって、全く全体観れてません(笑)

<カプリース>

・斬新で鮮やかな衣装。こちらも露出多め。これまた、タラソワプロをアレンジして”現在”の真央ちゃんが滑る夢のようなプロ。真央ちゃんスタミナお化け・・・。

・ロングサイドの何箇所かで、真央ちゃんが至近距離で扇子を使ったりして観客にアピールする場面があったような・・・(MAO POINT)

・後半、真央ちゃん、クリムキン・イーグル披露

・演技終了後、真央ちゃんが3方向に挨拶

<愛の夢>

・これは当然あるよね!と思っていた大好きなプロだったけど、カプリースで興奮し過ぎて、あまり詳細覚えていません(泣)

・真央ちゃんは、他のスケーターと少しだけ違う薄い紫色の衣装で後半から登場

<BEYONDのテーマ曲>

・宝塚っぽいゴージャスな羽根のついた衣装で全員が滑り華やかなエンディングへ

<アンコール>

・出演スケーター全員が登場し、真央ちゃんが毎回マイクを持って観客に挨拶。

・「皆さんもBEYONDしてください!」というコメントも!

というわけで、とても3回観ただけで、あれこれ書けるようなレベルのショーではありませんので、今回はこの辺りで・・・。

八戸も行くので、しっかり観てレポートします!

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

MAO ASADA ICE SHOW 2022 BEYOND @滋賀! 初演です‼️” に対して5件のコメントがあります。

  1. meiling より:

    早速詳細なレポありがとうございます。
    わーほんとうにすごい!進化が止まりませんね。

    シュニトケのタンゴはエルニかもしれません、インスタで練習しているところを見ました。スペインに帰った時フラメンコの先生にレッスンもしてもらったようですが、さあどうでしょうか。
    今回タラソワさんのプロが多いのはうれしいです。

    滋賀公演は一人でも行こうとチケットを用意して待ってたのですが、体調を崩してしまい泣く泣く断念。でも神奈川公演の楽しみが増えました。

    1. sakemove より:

      meilingさん

      またまたコメントありがとうございます。滋賀公演は残念でしたね。本当に凄い見所満載のショーなので、神奈川公演で満喫してください!私もサンクスの時は
      チケ取り苦労しましたが、今回は県民先行で取れましたので、一緒にショーを盛り上げましょう!

  2. meiling より:

    おはようございます。

    嬉しいニュースがありました。バラード1番の奏者、クリスチャン・ ツィメルマン氏がこの度高松宮殿下記念世界文化賞を受賞されました。日本が好きでご自宅までお持ちとは存じませんでした。タラソワさんが真央さんの為に選んでくださった、ほんとうに繊細で美しい演奏です。

  3. mizu より:

    わ〜お久しぶりのブログとってもうれしいです。
    地元の秋田公演が無くなり気絶寸前でした(笑)が
    気を取り直して一般チケットをとり、
    そして只今八戸におります!
    まもなく開演です!
    セットリストを知りたかったので、
    とてもありがたいです。
    八戸公演もお互いに楽しみましょう!

    1. sakemove より:

      mizuさん

      お久しぶりです。コメント有難うございます♪ 秋田公演は残念でしたね。私も行く気満々でしたのでショックでした。
      でも、八戸、いらしてたんですね。会場も素晴らしかったし、最高でしたね!このショーが、更に進化していくのを、
      しっかり見届けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください