浅田真央新アイスショー「BEYOND」発表!そして初めての「TACHIHI」視察❗️

皆さま、大変ご無沙汰しております。

前回の投稿から、ほぼ丸一年経過してまして、自分でも時の経過の速さに驚いています。その間、私自身、公私共に、色々と変化がありましたし、真央ちゃんに関しても所属事務所を移ったり、新しいスポンサーが付いたり、真央リンクの構想が明るみに出たりと色々とありました。しかし、以前に比べて、マスコミへの露出は確実に減りましたし、真央ちゃん本人が言ったわけではなかったかも知れないですが、一部報道では、

「”初夏”からスタートする予定!」

とされていた新しいショーの詳細の発表はなかなかなくて多くのファンがヤキモキしていたところ、遂に先日、7月4日に新アイスショーである、

「 BEYOND 」

の発表記者会見が行われました。

”現段階”では、このBEYOND、今年9月の滋賀公演を皮切りに、来年3月の立川での最終公演まで半年強の期間に約70公演が予定されています。

我が故郷、広島、そして、地元、神奈川でも公演が予定されていて嬉しいです!あと、コロナでMTT開催を断念した釧路も開催予定地に入っていましたね。

キャストは、まだ発表されていませんが、真央ちゃんを入れて総勢11名。以前、話題になったペア出身の男性の他、MTTのメンバーも無良君は当然として何人かいるとか、もしかして、あの人もいるのでは?と、ファンの間でも色々と推測があるようですが、これは正式発表を楽しみに待ちましょう!

それにしても、BEYONDのホームページの動画、何度観ても感動しますし、期待感が膨らみますよね!

「覚悟と進化の挑戦が今始まる」

「何度だって立ち上がる」

「これは私達の進化の物語」

動画の中で発せられる、こういったメッセージに正に真央ちゃんの「決意と覚悟」を感じます。でも、それは、決して、悲壮感をまとったものではなく、何か自信に満ちた真央ちゃんの男前な表情に、ワクワク感を禁じえない自分がいます。MTTもそうでしたが、真央ちゃんは、もう独りではなく、メンバー達、そしてスタッフの人達と一緒に一つのショーを造りあげていくことを楽しんでいるし、MTTもそうであったように、ショーの回数を重ねるごとに、どんどん進化し、完成度を上げていける!という確信もあるのでは?と思います。

とは言え、自身の過去プロで構成されていたMTTと違い、BEYONDは様々なジャンルから使用曲の選定・編曲を行い、その曲順、全体のストーリー構成、更には振り付け、衣装に至るまで全てを担当したということですから、これって、ある意味、

「新しく作曲した交響曲を世に問う作曲家、もしくは新作のミュージカルを世に発表する演出家」

に近いものなのでは?という気がします。ですから、やはり真央ちゃんとしても期待感と共に、どういう評価を受けるのか?という緊張感も凄いものがあると思います。我々ファンとしては、真央ちゃんの本気をしっかりと見届けて行く!それしかないですね!

さて、そんなBEYONDへの期待感が高まる中ですが、実は、昨日、初めて、真央リンクが建設されるという「立飛(TACHIHI)」へ行ってきました。

自宅からは、快速電車に乗れれば1時間くらいですので、全然問題ないです!しかもリンクの建設予定地と思われる場所(まだ建築計画の看板も立ってないので完全な推測です・・・)は、駅の真前。ここだったら最高の場所ですね。

そして、この広大な土地を管理しているのが株式会社立飛リアルエステート。BEYONDのスポンサー、(株)立飛ホールディングスの傘下のグループ企業です。

この立飛駅の反対側にある「ららぽーと」は三井不動産との共同開発事業ですし、建設予定地と思われる土地の並びにある「DOME TACHIKAWA TACHIHI」、そしてプロバスケットボールのチーム、アルバルク東京が現在使用している「ARENA TACHIKAWA TACHIHI」も立飛グループの施設です。とにかく、立飛グループが、立川駅周辺から、このモノレール沿いの広大な土地の開発を一手に担っているのでは?という感じです。

そして、恐らくと言いますか、間違いなく、このアリーナが現在発表されているBEYONDの最終公演である立川公演が行われる場所なんでしょうね。通年リンクじゃないですけど、氷はスポンサー様が張ってくださるのか・・・、まあ、そこは置いておきましょう。

そして、暑い中、怪しまれながら現地をウロウロして視察した後は、駅の反対側、ららぽーとから更に少し歩いたところにある、

BREWERY TACHIKAWA TACHIHI

へ行ってきました。

もう皆さん、お気づきと思いますが、この立飛グループの施設は全て、

「◯◯◯◯ TACHIKAWA TACHIHI」

というネーミングになっています。先般、商標登録申請で話題になった真央リンクの名称も、

「MAO RINK TACHIKAWA TACHIHI」

でしたもんね。

ここに来た目的は、もちろん歩き回った後の喉の渇きを地ビールで潤すためなのですが、それだけではなく、このカウンターの奥の壁に書かれた真央ちゃんのサインを見に行くためです。

 

そして、もちろん、ビールもいただきました。

全部で6種類のビールがあり、4種類のビールを飲み比べるセット1,500円というものがありまして、私はそれをいただきました。フルーティなものもあれば、少し苦味が強調されているものもあったりして、それぞれ特徴があって楽しかったです。ビールも日本酒と同じ、醸造酒なので、造り方の違いが香りや味わいの違いにつながり、それがご当地ビール・ブーム、クラフトビール・ブームを巻き起こしていますよね。

従業員の方も、すごくフレンドリーで真央ちゃんが来店した時のことも教えてくださって、真央ちゃんも、やはり数種類のビールを少しづつ飲んだそうです。

将来、真央リンクが出来て、立飛に頻繁に来るようになったら、毎回、ここを訪れそうです(笑)。

さて、美味しいビールを飲んだ後は、ディナーを予約しているSORANO HOTELLへ歩いて向かいました。

このSORANO HOTELは、2020年に立川駅の北側の広大な敷地に、立飛ホールディングスが建設したGREEN SPRINGSというレストランなどの商業施設、多目的ホール、オフィスなどが集積した一大新街区の中にあり、昭和記念公園に面した都会のリゾートホテルのような素敵なホテルで、立川に行ったら、行ってみたいと思っていたところです。

立飛駅から、SORANO HOTELまでは、歩いて20分程で着きます。そしてSORANO HOTELは立川駅から徒歩8分ほどです。ということは、つまり、立飛に出来る真央リンクには立川駅から歩いたとしても、30分で行けるということです!これは有り難いですよね。

GREEN SPRINGSは、こんな感じです。写真では伝えきれないですが、異空間と言いますか、解放感がすごくて、どこか海外のリゾート地に来たかのような感覚を覚えました。

階段状のスロープの左側は上から水が流れてきてまして、水遊びする子供が多数発生!中にはスッポンポンになる子供も(笑)。

 

立飛駅から歩いて行って、その右奥にあるのがSORANO HOTEL。

エントランスを入ると、そこは正にリゾートホテル!西日の入らない時間帯であれば、恐らく正面の昭和記念公園もバッチリ見えるはず!

本当にお洒落な空間に圧倒されます。

レストランも開放的な空間で本当に心地良いです。

では、ここからは食べた料理を紹介しますね。まずはガスパチョ。暑い季節に最適のスターター。

前菜はサーモンとお出汁のエスプーマ。見えてないサーモンも美味しかったけどルッコラが最高に美味しかった。この店、絶対、野菜良いもの使ってると、この一品で確信しました。

お椀は白龍そうめん。出汁が最高に美味しかった!

お造りはハモ。やっぱり鱧の季節ですよねえ。

米なすの味噌田楽&万願寺とうがらし&バジルトマト。

更に太刀魚のすり身挟み蒸し大葉&小松菜ソース。

サーロイン塩麹漬け焼き。ここから赤ワインにチェンジ!

牛肉のすき焼きと夏野菜のちらし。そして味噌汁。幸せだったなあ・・・。

デザートのフルーツあんみつ。

いやあああ、本当に大満足のフルコースでした。

これ、都心のレストランでは、このお値段での提供は難しいかも知れません。

というわけで、たった半日過ごしただけですが、立川(TACHIKAWA)、そして立飛(TACHIHI)、恐るべし!

そして、ありがとう!

きっと長い付き合いになると思いますので、今後とも何卒宜しくお願いします!🙇

 

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください