浅田真央サンクスツアー 福島公演! ー観光・グルメ編ー

こんにちは。

今回はMTT福島の時に訪れた観光地、食事・お酒などに関するレポートです。

しかし、その前に真央ちゃんが行った大内宿のお店をチェック!

大内宿は東北旅行を考える時に、いつも候補にあがるのですが、かなり交通の便が悪いので後回しにしてきたのですが、真央ちゃんが行ったとなると、聖地巡礼の意味合いも出てきますので次回は訪れてみたいと思います。そして、せっかくですから、その時は真央ちゃんが行ったお店で食事をしたいですよね。

さて、まずは、皆んなでネギ蕎麦を食べたお店。

これは三澤屋さんですね。HP http://www.misawaya.jp

古民家好きの真央ちゃん、きっとテンション上がってたんでしょうね(笑)。

そして、日本酒を試飲していたのは、この三澤屋さんの前にある系列店、大内宿三澤屋久右衛門ですね。

こちらは会津地方の様々な地酒を売っているお店ということです。残念ながら真央ちゃんが、どの銘柄を試飲したかまでは特定出来ませんね(笑)。

真央ちゃんが食べてた焼栗を売っているお店の名前はわかりませんが、現地に行けばわかるでしょうから、このスクショ残しときます。まあ、焼栗のある季節に行かないといけないですけどね。

さて、ここからの主役は私です。

まず、土曜日の昼公演が終わってから電車で会津若松へ。駅前には白虎隊の像があります。

そして国の重要文化財である「さざえ堂」🐚。途中には猪苗代湖から引いた水が勢いよく流れ出てくる洞穴がありました。

そして、これが「さざえ堂」です。

ちょっと逆光になってますが、これが上から見た写真。

内部は、こんな感じ。

わかりづらいですが、階段ではなく、らせん状のスロープが登りは時計回りに塔の最上部まで、下りは反時計回りに下の部分まで続いていて、登る人と降る人は別のスロープを通ることになって出会うことはありません。実に不思議な構造です。建築好きの人にはたまらない建物でしょう。

お土産物屋さんには、やはりありました!「白虎隊」という名前の日本酒!買わなかったですが、末廣酒造さんが造っていらっしゃるので、きっと美味しいお酒だと思います。

そして、会津若松駅から郡山駅まではフルーティアふくしまに乗車!

フルーティアふくしまは、会津若松と郡山の間を走る列車のうちの2両を、カフェのように改装していて、そこで極上のスイーツを食べ、コーヒーや紅茶を飲みながら旅が楽しめるという全席指定のリゾート列車です。

2号車は、こんな感じで、お一人様用のカウンター席、2人用の席、4人用の席があります。

そして1号車にはスタイリッシュなカウンターがあって、アイスコーヒー、アイスティー、お水などはセルフサービスで飲み放題。その他、ビールや日本酒なども販売していました。

我々酒飲みは、早速、フルーツ・ビールとスパークリング日本酒を購入!因みに、いきなりお酒を買ってたのは我々だけでした・・・(笑)。

そして、この日のスイーツは、和梨を使った2種類のタルト!一つはチョコレートケーキだったし、2個も食べちゃうと、晩御飯が食べれなくなるのでは?という不安はありましたが、食べてみると2つとも「梨」が大量に使われているので、全然重くなくてお腹にもたまらず、しかもメチャ美味しかったので、あっと言う間に完食!和梨のみずみずしさと、仄かな甘み、最高でした。そして、これに日本酒のスパークリングがピッタリ!

車窓から夕暮れの会津の大地を見ながらのスイーツ三昧!いやあ、これはオススメです。

そして、郡山に到着後、ホテルにチェックインして本日の真央会会場のコチラへ。

会津郷土料理のお店「鶴我」さんです!

真央会の場所を探していた時、せっかくなので、やはり郷土料理を食べたいと思い、このお店に辿り着いて、お店の内観の写真をチェックしてたら、壁に真央ちゃんのサインが飾ってあるのを発見したので、すぐに予約したのでした。これが、そのサインです!

そして、このお店、棒鱈、ニシンの山椒煮などの郷土料理もあるのですが、何と言ってもウリは「馬肉」🐴

真央ちゃんが馬肉を食べたかどうか?は定かではありませんが、せっかくなので8つの部位を食べられる盛り合わせを注文!

タテガミ、骨髄、モツ、レバー、金●など色々ありましたが、写真中央の「極上赤身」がマジで絶品!

普通の肉の刺身と違って、メチャ肉厚なんですけど、口の中で溶けるくらい柔らかくて、臭みが全くなくて、そして、赤身なので脂も一切なくて、辛子味噌を溶いたタレで食べると、本当に最高に美味しかったです!この部位だけお代わりしたいくらいでした(笑)。

そして、このお店、全ての料理の器、グラスなどが会津漆器で素敵なんです。コチラはお通し。

そしてサラダ。

地鶏の唐揚げ。肉の弾力がすごかったです。

田楽の盛り合わせ。会津は味噌も名物なんですね。これ、どう考えても日本酒に合いますよね!

そして、極め付けは11種類の日本酒の飲み比べセットこれだけ多くの漆器のお猪口が並べられた様は、

正に圧巻!

の一言。日本酒を飲まない人からも歓声が上がりました。全部飲むと3合ほどの量だそうです。

で、後から写真見て気づいたんですが、よく数えてみると日本酒12種類あるんですよ!

そして更に良く見ると、メニューには「飲み比べセットには含まれていません!」と、わざわざ書いてあった福島が誇るプレミアム日本酒「飛露喜」が右上に置いてあるじゃないですか!きっと、これは全ての料理を美味しい!美味しい!と大喜びで食べる我々を見て、お店の方がサービスしてくださったんでしょう⁉︎

さて、そして大満足でお店を出た後は、よせば良いのに二次会へ。

これは。郡山のソウルフードであるらしい?お餅に中華丼にかける野菜餡のようなものをかけた料理。

巨大ナメコの天ぷら。これがサクサク・ジューシーで美味しかった!

そしてボトルの写真はありませんが、このお店でも福島の地酒を5杯も飲んじゃいました。完全に飲み過ぎです(笑)。

しかし、それだけ日本酒を飲んだ割りには翌日は全くお酒が残ってなくて快調そのもの。

昼公演が終わった後は、元気に歩いて温泉宿が沢山ある地域を散策。

磐梯熱海温泉って、もちろん初めて行ったのですが、いわゆる自分たちが持っている「温泉街のイメージ」とは全く違って、車がビュンビュン通る広い道路の両脇に旅館やホテルがポツリポツリ建っているという感じで、お土産物屋さんや、射的やら、飲食店やらは全くないんです。

で、渓谷沿いの遊歩道を歩いて、日帰り入浴を受けてくれる宿へ向かいました。

宿に着くとレトリバーちゃんがお出迎え。

お湯は、若干とろみがあって、お肌がスベスベになる感じ。湯船に入りながら渓谷の景色も眺めることが出来て気持ち良かったです。やはり、せっかく真央ちゃんが温泉地でショーを開いてくれたんだから、温泉宿に泊まるってのも良かったかも知れません。また、何処か、別の温泉地での開催、待ってます!

湯上りのテラスで飲むビール、いつもの一番搾りと違う!と感じるくらい美味しかったなあ。

そして、また歩いてアイスリンクまで移動。なんだか、単線の鉄道って風情がありますよね。

そして楽公演終了後、すぐに帰ろうかと思ったのですが、せっかくなので、地元の消費喚起に少しでも貢献するということで焼鳥屋さんへ。福島は伊達鶏で有名ですからね!

新幹線の時間まで1時間半くらいでしたので大急ぎで注文!

まず、レバー、皮、ボンジリ!

そして、ササミ黒胡椒、砂肝、せせり。

仕上げは、絶品のつくね!

野菜も一応・・・。

鳥皮ポン酢も最高!

全部美味しかった!本当にレベル高いです。いやあ、焼鳥って本当に良いもんですね・・・。

飲んだお酒はコチラ。寫楽は地元福島の大人気酒。田酒は青森のプレミアム酒です。正直、寫楽は東京でも普通に買えるのですが、田酒はそうはいかないし、お店で飲むと高いので、この日はひたすら田酒を飲みました(笑)。

というわけで、今回のMTT福島公演、そして、それに伴う観光、食べ物、お酒も大満足でした!

もちろん、お土産も沢山買って帰りましたので、それを食べながら余胤に浸ってます!

もちろん、日本酒も!今年のIWCのチャンピオン酒、奥の松の飲み比べセット!

さて、今週末は、地元、神奈川でのサンクスツアー です!

真央ちゃんに、

「この中で、神奈川県の人〜?」

て聞かれた時に、思いっきり手を挙げるのが今から楽しみです!

そう言えば、真央ちゃん、今日、札幌真央展の初日に降臨したんですね。行きたかったなあ・・・。

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください