浅田真央サンクスツアー 埼玉公演❗️

こんばんは。

週末に埼玉県の上尾にある埼玉アイスアリーナで行われたMTTに行ってきました。

先日も書きましたが、埼玉公演は抽選でもハズれて、一般販売も撃沈したので完全に諦めていたのですが、運よく直前の「戻り」のチケットをゲットできたのでした。

皆様、ご承知の通り、埼玉アイスアリーナは今の真央ちゃんのホームリンクなので、是非、行ってみたい!と思っていましたが、実際に行ってみると、やはり、横浜からは当然なんですけど、都心からも通うのには時間がかかりますし、駅からも歩くと30分近くかかるし、決して便利な場所ではありませんので、真央ちゃんが、ここまで通って練習していると考えると、自分としては色々と思う所もあったんですけど、先日の真央杯での楽しそうな審査員っぷりをみてもわかる通り、当の真央ちゃんは、全くそんなことを気にしてないというか、本当に「今の自分」を楽しんでいるように見えるのでファンとしても嬉しいですよね。

さて、それでは、早速、恒例のアリーナの図面から。

これを見て気づいていただけますでしょうか?とにかく、恐ろしく席数が少ないです!これまでの、MTTの会場の中でも、断トツに席数が少ない。あの、中京大学のリンクでのショーよりも少ないと思います。埼玉県だけで、人口730万人いて、東京、神奈川、千葉を合わせると36百万人いて、

一回あたりのショーのキャパが1,000人

という状況だったわけですから、それは大変な競争率ですよね。もちろん、栃木とか群馬とか茨城とかの人も参戦してきたのでしょうしね。

正直言って、スタンド席なんて、「スタンド席って呼んじゃあいけないレベル」の超良席でした。改めて、MTTでは、既存のアイスショーの席のカテゴリーへの概念を取っ払わないといけないと感じました。

あと、今回は、真央ちゃんのホームリンクだからだと思いますが、本当に多くのリンクのスケート教室の生徒と、そのご家族の人達が観にきていましたし、twitterでもご存知のように、振り付けを担当したCRE8BOYさんや、その他フィギュア・スケート関係者の人が、これまでの公演の中で一番多く観に来ていたと思います。やはり、関東地区ということで、家族や友人、知り合いを招きやすかったということはあったのでしょうね。

さんまさんは来てなかったけど、「まんまちゃん」が真央ちゃん達に”身体に優しいスイーツ”を差し入れて、会場にも登場してくれましたしね。こうなると、米倉さんが、忙しい合間をぬってMTTに駆け付けてくれるのかどうか?興味深いですね(笑)。

さて、そして、ショーの内容ですけど、どうしても、書かなければいけないですけど、今回の公演では大きなアクシデントがありました。日曜日の昼公演の「オーバー・ザ・レインボー」の演目の時に、舞ちゃんとマラルちゃんが交錯して二人が転倒するという事態が発生したのです。転倒した後も、二人とも直ぐには立ち上がれなかったので、大丈夫かな?と思いましたが、その公演では演技を継続・・・。

しかし、その後のポルウナでの舞ちゃんのリフトはなかったし、ジュピターで、マラルちゃんが1Aを跳んだ時に凄く痛そうな表情をしたのを目の前で見たし、舞ちゃんは2A跳ばないし・・・。私もそうですけど、観客全員が何か「嫌な雰囲気」を感じたんじゃないか?と思います。

エンディングの周回の時に、思わずマラルちゃんに「頑張れ!」と声を掛けてしまって、彼女は、それに応えて泣きそうになりながら笑みを返してくれましたが、よく考えたら「頑張れ!」じゃなくって「無理しないで!」って言うべきだったと後悔しました。

そして、迎えた楽公演・・・。

16時半の開演時間になって、場内は暗くなったのですが、モニターと選手出入口のある東側の照明だけは消えないままで、なかなかオープニングのビデオの上映が始まらない・・・。

何かおかしいな・・・と思っていたのですが、そんな中、いつものメンバーの気合いを入れる声が、いつもと違う遅いタイミングで会場に響き渡る。。。

そして暗転してショーが始まりましたが、何度数えても、

スケーターの人数が9人

だったんです!

あああ、やっぱり・・・。

これだけ長い期間、限られたメンバーでショーを続けるわけですから、絶対、色々なトラブルや試練があることは避けられないわけですが、今回は、それが「マラルちゃんの怪我」という形となってしまったというわけです。

正直、自分は、昼公演での2人の転倒に少し動揺していました。それは限られたメンバーで、一つのストーリーを描いていくという前代未聞のコンセプトの浅田真央サンクスツアー というショーが持っている素晴らしさ、そして、それと裏腹に持っている「危うさ」というものを意識させられたからだと思います。

そう言えば、正に、日曜日の昼公演のMCのところで、舞ちゃんが橋本くんのクリムキン・イーグルを見て、

「私もこれやりたいんだよなああ」

って言いながら真似しようとした時に、真央ちゃんが、

「舞、怪我するからやめて!」

って、すぐに真顔で言ったんですよね。それだけ、真央ちゃんも、座長としてチームのメンバーのコンディションに対して気にかけているんがろうなと思わせる場面でした。

でも、そんな中で、楽公演は凄かった!

チーム真央は正に燃えてましたね。気合いが入っているのが伝わって来ました。

群舞でのフォーメーションは特に変えてなかったと思いますが、仮面舞踏会ではエル二君がパートナー居なくても、魅せる演技で1人で頑張ってましたし、舞ちゃんも恐らく痛みをこらえて、ポルウナのリフトもやったし、2Aも全部完璧に跳んでましたからね。舞ちゃん、本当に頑張った!有難う!素晴らしかったです。

北側の関係者席中央で、立って観てたマラルちゃんも、ずっと拍手しながらみまもっていました。でも、ぶっちゃけ、こういうことでもないと、自分が出ているショーを客観的に観れる機会なんて絶対ないんだから、マラルちゃんは貴重な体験をしたと思います。これを、ポジティブに捉えて、怪我をしっかり治して、是非、今後に活かして欲しいですね。

まあ、でも、改めて感じたのは、

チーム真央の結束力の凄さ!

です。

真央ちゃんの人間的魅力・スケーターとしての魅力も勿論、あるんですけど、舞ちゃんや無良くんのサポート、渚ちゃんや橋本君の気配りなどなど、本当にチーム真央の、「この一体感」がある限り、この先も色んなことを乗り越えていけると思います。

アクシデントの話ばかりしても、なんなんで、ショーの演技の話も書きますね!

まず、皆さんご存知の通り、真央ちゃんは、今回の埼玉公演から、ラフマニノフのピアコンで、

3Lo-2Lo-2Lo-2lo-2Loの5連続ジャンプ

を跳んでます!

色んな思いがあったはずの楽公演で、バッチリ決めるとこなんて、ほんと惚れます!

ラフマのジャンプが、うまくいかなかった時の「ごめんなさいポーズ」もたまらないけど、

「成功した時の可愛らしいドヤ顏」

からの、満面の笑みのステップを観れただけで、5年は寿命が延びた気がします(笑)。

あと、前回も書きましたが、他のメンバーも、河内りさちゃんが3連のジャンプしたり、山本まりちゃんも3連してたり、メンバー全員の進化が止まらない!といいますか、みんな、個々人で色んなチャレンジをしてます。

それと「素敵なあなた」で、真央ちゃんと男性キャストがペアで各々のスケーターと同じ振り付けで滑るところがあるんですが、星くんと真央ちゃんが滑るところ、最初の公演の頃はあまりにも2人の所作と、それに伴う表現力に、かなり差があって目立つと感じていたんですが、今回の埼玉では大きく改善されていてビックリしました、そんな中、今回の公演でも、真央ちゃんが、優しい視線で星くんの動きを見ながら滑っていて、彼の成長を感じて微笑んでいるように見えて、ほのぼの・・・。

あと、黒リチュの時、ロングサイド中央で真央ちゃんと男性キャストが縦一列になって行う「EXILE風振り付け」がショートサイドでは、鳥の羽ばたき風に変更されてたりとか、「素敵なあなた」で誠也君を平手打ちっぽい動きをする振り付けが、頬をなでるような形に変えられてたりとか、他にも、自分は気づかないけど、もしかしたら細かいところを、色々と変えてきてる可能性ありますね。

前も、言いましたけど、こんなショー、他にないです!

本当に、皆んな、どんどん、成長しているんだなと感じましたし、観る度に発見があるショーです!

最後に、今回、戻りの時にフィギュア・スケートを生で初めて観るという友人夫妻のためにもチケットを取るとことができて、初めてフィギュアスケートのショーを生で観た感想を聞いたのですが、とにかく、あんなに至近距離で観れるとは思っていなくて感動した!というコメントと共に、奥さんの方から、

「真央ちゃんは、どの瞬間を切り取っても必ず美しい!」

というコメントをもらって、

ホントそう!初見でわかるのはすごい!そうなんだよね!

と激しく同意して嬉しくなりました!

まだ、ツアーも半分を終えたところで、2週間後は山梨、そして10月から11月にかけては4週連続でショーが開催されるわけですから、舞ちゃん、マラルちゃんには、しっかりと怪我を完治させてもらって、チーム真央全員で一丸となって頑張っていって欲しいです!

埼玉グルメ編は次回に!

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

浅田真央サンクスツアー 埼玉公演❗️” に対して1件のコメントがあります。

  1. nao より:

    マラルちゃんの怪我心配ですね。先程投稿された真央ちゃんのインスタからも、今回の怪我に真央ちゃんが大きすぎる責任を感じていることがビシバシ伝わってきました。
    3日で5公演、しかもあり得ないくらいの出番の多いショーはほんとにキツイと思います。もちろんダントツで真央ちゃんがたいへんなわけですが、他のキャストも相当ですよね。
    浅田真央のような地球トップクラスのスケーティング技術、体力や精神力に他のキャストが最後までついていけるのか心配でなりません!でも、その辺りも含めて真央ちゃんなら皆を引っ張っていってくれると信じたいです。
    レポ、ありがとうございました!

    1. sakemove より:

      naoさん、
      コメント、有り難うございます。
      「チーム真央」の強い結束があれば、どんな困難も絶対に乗り切れると思います。
      我々、ファンもそれを、しっかりサポートして行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください