ー真央イベント参加報告ー

こんにちは。

横浜マラソンが中止になった「おかげ」?で、昨日、無事、真央ちゃんのファン・イベントに参加することができました。朝起きたら、凄い雨でしたし、気温も低いし、風も強いし、何故か、土曜日から左足の甲に痛みが出てきていたので、もし、出走していたら、完走できなかったかも知れないですし、完走できていたとしても、イベントには大幅に遅刻していた可能性大でした。

まず、ざっとイベントの概要について書きますと、内幸町のイイノホールで、12時からの会と15時からの会の2回開催され、最初の会には報道陣の招待もあったことから400人程度、後の会の方は450人程度のファンが参加できたようです。8,000人ほどの応募者があったとのことですので、倍率は、10倍に近かったということですね。因みに、私は15時からの会に参加しました。

イベントの流れを簡単に書きますと、

①Blu-ray・DVDの映像を流す(含む引退会見)➡︎ ここで泣く人多数

②MC坂上さんと真央ちゃんの二人でのショート・トーク

③克ちゃんが登場しての、過去の演技映像を観ながらのトーク ➡︎ 愛の夢、ソチラフマオ、全日本赤リチュ

④質問コーナー ➡︎ イベント応募時にファンから寄せられたものをPick Up

⑤プレゼントコーナー ➡︎ 抽選で3名に真央グッズ+サイン入りノートをプレゼント

⑥会場のファンと一緒に写真撮影 ➡︎ インスタにUP

という構成で、きっちり1時間の内容でした。

私が、参加できた15時の会は、カメラマンもマスコミもいなかった事で、真央ちゃんも、リラックスしていて、

「何でも喋りますよ〜」

なんて言ってっくれて、終始、和やかな雰囲気の中で、真央ちゃんの天然発言に爆笑したり、克ちゃんの話に、ウンウンと深く同意したりしながら、幸せな時間が過ぎていくという、正に至福のイベントでした。

既に、twitterなどのSNSやブログなどで、細かい会話の内容も含めて様々な情報が溢れていますので、当ブログでは、私が個人的にツボった点だけをピックアップして書いてみます。記憶を辿っての書き起こしなので、正確性に欠ける部分もあるかも知れないですし、自分の主観や願望が入り込んでいる可能性もある事はご容赦ください(笑)。

まず、何と言っても、昨日のイベントの最大の収穫は、

「来年は、日本各地の多くの都市でアイスショーを開催してくれそう」

だという事がわかった事です!

イベント冒頭の坂上さんとのトークの中で、

・今年のTHE ICEの内容には凄く満足している

・でも開催地が大阪と名古屋の二箇所だけだったのが残念でもあった

・来年は、もっと多くの場所で演りたい

という発言があったのです。

これは朗報ですよね!

ショーの形態、開催時期、開催都市なども、もちろん不明ですけど、これまでの抽象的な表現ではなく、真央ちゃんから、ハッキリと上記の発言があった事で、個人的には、

「ショーの具体的な構想は固まってきている」

という状況なのではないか?と感じました。

その表情にも「口に出したことには責任を持つ」という、いつもの真央ちゃんのポリシーを思い出させる雰囲気もアリアリでしたので恐らく間違いない?と思います。

イベントの冒頭で、この発言ですから、本当に嬉しくてなってテンション上がりまくりました!

色んな「しがらみ」で開催できなかった東京での開催はあるのか?、名古屋、大阪以外の地方開催は、お米CMの新潟、復興支援を続けている東北、そして九州辺りが有力なんですかね。是非、私の故郷、広島でも開催して欲しいです!

そして、次に取り上げたいのは、質問コーナーで、話題になったマラソンのことです。

ファンからの「今後やってみたいスポーツはありますか?」という質問に対しての回答として、当然、ホノルルマラソンの話題になったんですね。

マラソンの話の前に、因みに、この質問コーナーで取り上げられたのは、他に、

・心の支えになたったり、人生に影響を与えた本はありますか?

・他のスケーターが滑っていたプログラムでコピーして滑ってみたいものはありますか?

というものがありました。

尚、残念ながら、私の書いた、

「最近、日本酒飲みましたか?」

というおバカな質問は、華麗にスルーされていたことをご報告いたします(泣)。

で、本についてですが、これは前にも聞いた事がありますが、山田満知子コーチを通じて、伊藤みどりさんのベッドや色んな持ち物を真央ちゃんが引き継いだことがあるのですが、その荷物の中に、本も含まれていて(何の本かは不明)、その本には、みどりさんのメモなども書き込まれていて、それを読んでいました!というような回答でした。

そして、twitterでも凄く話題になっていたのが、他のスケーターのプログラムで真央ちゃんがコピーしたい曲で、

高橋大輔さんの滑ったラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番

を挙げた事です。

MCの坂上さんとの絡みの中で、「二人で一緒に滑ってみたい」というような発言もあって、会場からも大きな拍手がありましたが、個人的には、この話は、先ほどの来年のショーの開催の話と違って、

リップサービス

の域を出ていないような印象を受けました。

というのは、この話の直ぐ後に真央ちゃんと克ちゃんが、

「他のスケーターのプログラムは殆ど観ないし、覚えてないよね!」

という事でお互いに同意してたんですよね。

高橋大輔さんは、今年のTHE ICEでも真央プロ・トリビュートで、ラフマニノフを滑ってくれましたし、過去の二人の対談でも、真央ちゃんが高橋大輔さんのラフマニノフが、自分がその曲を選ぶ一つのきっかけになったという話をしていましたので、他のスケーターのプログラムを、あまり覚えていない中で、

数少ない印象に残っている他のスケーターのプログラムが、自分でもソチで強い思い入れのあるラフマニノフだったので、今回の質問にも、そのプログラムを挙げた

ということだったんじゃないかな〜と思っています。まあ、もちろん、将来的には、二人のコラボは十分にあり得る話ですが、少なくとも昨日の発言自体には、あまり深い意味はないんじゃないかな。

さて、そして肝心のホノルルマラソンの話です!

「トレーニングは週に10kmを2回走っている」

というのは、既出情報ですが、

「本番までに、20kmを2回走る予定」

ということで、この発言も既に報道されていたものですが、これまでは、

「ハーフを2回走る予定」

となっていたので、「どこかのハーフマラソンの大会にエントリーするのでは?」という憶測を呼んでいたのですが、どうもそうではなく、

「練習で20km走を2回走る」

ということなんじゃないかな?と思います。

そして、ここで、自身もホノルルマラソン参加経験者で、タイムも4時間程という記録をもつ坂上さんが、

「私もホノルル走りましたけど、その練習では、ちょっと足りないのでは?」

と突っ込みを入れると、その時の真央ちゃんが、

「ええええ〜、そうなんですか?」

と、かなり焦りまくり、マジで動揺しまくりで超可愛かったです。

でも、あくまでも「目標タイムは4時間半を切ること」として、昨日は、それに加えて、

「過去にホノルルマラソンに出た女性の記録を上回りたい」

という発言もあり、それに加えて、

「だって私は、アスリートですから!」

と、自分を鼓舞するような強気な発言まで飛び出しました(笑)!

真央ちゃんが、念頭に置いている過去の女性のタイムというのが、具体的に誰のどれくらいのタイムを意識しているのかわかりませんが、現実的なところとしては、タレントの安田美沙子さんが、2008年に、やはり専属トレーナーをつけての半年間の練習の後、初マラソンのホノルルで出した4時間24分55秒という記録があるんですけど、それ真央ちゃん知ってるとは思えないし・・・。

まあ、いずれにしても、小さい頃から、フィギュア・スケートを続けてくる時も、まず目標を設定して、それを達成することに喜びを感じ、更に次の目標に向かっていくという「真央ロール・モデル」の復活ですね!

ところが、あろうことか、ここで克ちゃんからも、

「フルマラソンでは35km過ぎた辺りから古傷が痛み出すという話を聞いたことがある」

という突っ込みが入ってしまい、すると、真央ちゃんが、手足をジタバタさせながら、

「もう、何で、二人ともネガティブなこと言うんですかあ!」

と・・・。これが、また超絶可愛かったです!

まあ、普通の人が3ヶ月間、この練習をしただけで、暑くてバテやすい、しかもエアウィーヴの会長さんも言っていたように最後に辛い上り坂のあるホノルルで、4時間半を切るのは難しいのでは?と私も思います。

でも、本気モードの真央ちゃんなら達成出来そうな気がするんですよね。

何だか、今日は、トレーナーさんに、

「私、大丈夫ですよね!」

と念を押して真剣に聞いている真央ちゃんの姿が目に浮かびますが(笑)、是非、頑張って欲しいですね。

横浜マラソンが中止になったことで、もし参加できれば、私にとってもホノルルマラソンが初マラソンとなりますし、真央ちゃんと同じ大会に出たというだけで記念になりますので、前向きに検討しようと思います。

さて、ここまでで既に当ブログ史上で最長の投稿になってしまいましたので、後は、幾つか、印象に残った発言、Topicsを挙げて終わりにします。

・「舞ちゃんは花瓶に生けてある花、水をあげないと枯れてしまう。真央ちゃんは空に輝く星。見上げると、いつもキラキラと輝いている」by克ちゃん

・「取材している時に、時々ふと見せる真央ちゃんの”寂しそうな表情”が気になっていた」by 克ちゃん

・愛の夢の2011年のシーズンは、プライベートでも、スケートの技術の面でも一番辛い時期だったが、ファンの応援が「試合に勝って欲しい!」という雰囲気ではなく、暖かく見守ってくれているように感じられて支えになった

・ソチラフマオは、今、思い出しても手に汗が滲んでくる。何度か経験したことがあるが、ソチラフマオの時も3Aを降りたところから「行ける!」と思い”ゾーンの状態”に入れた

・ソチラフマオの日の朝練習では全く調子は上がらなかったが、宿舎に帰ってメークをして、会場に向かう車の中で気持ちを切り替えることが出来た

・ソチラフマオの演技では、幾つかのジャンプの前に、お世話になった人の名前が頭に思い浮かんだが、その中に克ちゃんの名前はなかった➡︎会場爆笑

・昨年の全日本については、そもそも出場するかどうかを悩んでいた

・「昨年の全日本のフリーの時のように、時々、演技の前に目頭を両手人差し指で押さえる仕草をすることがあるのは、感極まっているからなのか?」という質問に対する答え。➡︎「自分は瞳が茶色で、明るいライトが氷に反射すると眩しくて、目が霞んでくるので、指で押さえているだけです」➡︎会場「へええ、そうだったんだあ(笑)」

・克ちゃんはフィンランディア杯を取材に行った際、真央ちゃんに「赤リチュは3Aが無くても十分に美しいプログラムで、是非、このプログラムの完成形を観たい!」と訴えたとのこと。しかし、真央ちゃんは、

どうしても3Aを入れないと物足りない!➡︎3Aが自分を強くしてくれる!➡︎勝つために3Aが必要!

ということで最後の最後まで譲らず、全日本でもトライした!

本当に、こんな素晴らしいスケーターと同じ時代に居られたことに感謝し、長年応援できたことを誇りに思うとともに、今後の彼女も全力で応援していこうと改めて心に誓った次第です。素晴らしいイベントでした!

最後までお読み頂きまして有り難うございました。次回の投稿こそは日本酒成分が多くなるはず?です!

宜しければバナーのクリックをお願いします。

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

ー真央イベント参加報告ー” に対して 2 件のコメントがあります

  1. hana より:

    こんばんは!

    雨対策されていたのに、横浜マラソン中止残念でしたね。
    でも体調崩されたのなら、真央イベントに集中できてよかったのかと思いますよ。

    私も2回目の参加でしたので、記事を読んで蘇る感動に浸りました。
    リチュアルフリーでは、現地で観戦した時の事を思い出し涙…
    ザアイスは大阪、名古屋の2ヶ所で終わるのが寂しかった話には、私もそうだよーと思ったり。

    マラソン話でかっちゃんさんがウィメンズマラソンの担当目線での35キロ位からアスリートは古傷が痛むあるあるでの真央ちゃんの反応は笑いました。
    エアウィーヴの高岡社長のアドバイスもありましたし、きっと多方面からのお世話係がいるんでしょうね。

    インスタの写真は真央ちゃんと一緒に私も写ってるんだよと家族に見せましたが、予想通り「どこに?」の反応でした。

    真央の酒づくり頑張ってください。
    応援しています。

    1. sakemove より:

      hanaさん、

      コメント有り難うございます!素敵なイベントでしたよね。来年のショーにも期待が膨らみましたし本当に楽しみになってきました。殆どの酒蔵で、もう本格的に酒造りが始まっていて、今期の醸造計画も決まってしまっているので、今年は「真央の酒」の実現は難しいかも知れませんが、もう少しトライしてみようと思っています。Tetsuya

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です