浅田真央サンクスツアー横浜千秋楽公演‼️

こんばんは。

3年間続いてきた浅田真央サンクスツアー、遂に、先週の横浜公演で、5000人のファンが総スタオベして盛大な拍手を送る中で幕を閉じました。

最終公演から、ちょうど1週間経ったわけですけど、毎日CSの録画も観まくってますし、何かまだ「終わった」と言う実感が湧かなくて、深刻な

「MTT・ロス状態」

とはなっていないですが、これまでの3年間、ずっとMTT最優先の生活を続けてきて、あれだけ楽しく、充実し、そして幸せな日々を送ってきていたわけですから、まあ、間違いなく、これからジワジワ来るのでしょう(笑)。

例によって、千秋楽公演に関しても、私自身の備忘録的な投稿となりますが、ご容赦ください。

さて、色々「凄かったこと」があった千秋楽公演ですが、まず最初の凄かったことは、グッズ販売ですね。初日の月曜日、私はグッズ販売が始まる16時の1時間前の15時頃に会場に行ったのですが、既に恐ろしい数の人が列を作っていまして、結局、私は、17時までに会場内には入れず、何と、グッズ販売に並んでいたはずが、「入場待ちの列」となり、会場に入れたのは17時半を過ぎてから。それでも、何とか、欲しかったものは全て買えましたが、ラフマニノフの風呂敷は、私のちょっと後で売り切れたようで、ギリギリでした。それにしても、一人で入場まで2時間半も並んでたなんて実感あまりなくて、あっという間だったんですよね。やはり気持ちが高揚していたからでしょうか・・・。千秋楽公演には、日本全国からコアな真央ちゃんファンが集結していたでしょうから、当然、MTTの思い出の品をGETしたいという思いも強く、火曜日も同じようにグッズ販売には長蛇の列ができていたようです。

そして「凄かったこと」の二つ目は、お花です。

長年、真央ちゃんをスポンサードしてくれてるエアウィーブ、佐藤製薬、住友生命、JALといった大企業はもちろんですが、真央展でお世話になりMTT展の開催が決まっている高島屋さんや、ドリカム、竹内まりや、HIDEBOH、LIBERAといった方々から贈られた、数にして40近いお花が2階のホールに飾られている様子は、正に圧巻でした!

そんな中でも、一番、数が多かったのは、フジTV系列の地方のTV局からのお花でした。実に38都道府県で開催されたMTT、その中には、まさか、真央ちゃんが、こんな小さなリンクで本当にアイスショーをやってくれるのか?といったところもありましたし、まさに「街おこし」的なイベントになったところもあって、真央ちゃんは「そういう場所でこそ、ショーをやりたい!」という思いがあったので特別なことをした意識はないのでしょうけど、実際に、ショーを開催してもらった地方の街の住民の歓喜、そして、それを番組として放映出来たTV局は、真央ちゃんに感謝の気持ちと祝意を伝えたいという強い思いがあったのでしょう。こんな世知辛い世の中でも、こんな奇跡のようなことがあるんだと思うと、何だか、泣けてきました。

そして、3つ目の「凄かったこと」は、会場の横浜アリーナが凄く良かったことです!私、横浜在住で、会場のある新横浜駅まで電車で15分くらいで行けますし、ランニングで新横浜まで走ることも多いですし、以前、UKのバンドのコンサートで2回、行ったことあるので結構、愛着ある会場なのですが、改装後、訪れたのは今回が初めてでした。メインスクリーン以外にも、クリアな映像が映し出される大きなモニターがあって、席もゆったり座れるし、段差もしっかりあって観やすいし、音響も素晴らしいし、何より寒くないし(笑)。こんな素晴らしい会場で、真央ちゃんとチーム真央のメンバー達を送り出せて本当に良かったです❗️しかも、真央ちゃん、現役時代の最後は、佐藤コーチに指導を受けながら、新横浜に住んでいた時期もありましたので、コロナ禍での偶然が重なった結果なのでしょうけど、新横浜という場所で、千秋楽公演を行えたのも何かの縁のような気もします。

そして、何より、真央ちゃんは、もちろん、チーム真央の演技が「凄かった!」です!

とにかくスケーター全員の気迫が凄かった。「絶対に千秋楽公演を成功させたい!という想い」、「これが最後の演技だ!という想い」「真央ちゃんへの感謝、スケートへの感謝 を表したいという想い!」、そうした様々な想いがスケーター全員にあって、それが我々にも伝わってきたのだと思います。

まず、真央ちゃんですが、両日ともジャンプはノーミス。あまりにも軽々と跳ぶ2A、連続バレエジャンプなども圧巻。いつものことですが、ジャンプ以外の要素、スパイラル、スピン、そして所作の全てが美しく、そこにベースとなる圧倒的なスケーティング技術があって、正に惹き込まれる、いつまでも観ていたいスケート、本当に「凄い演技」でした。そんな中でも、最後の締めとなる27日の公演のラフマニノフで、男子スケーターが全員、ノーミスでつないでいった後の、真央ちゃんの3Loの場面では、試合の時を思い出すくらい、メチャクチャ緊張して見守っていました。でも、そこは、さすが真央ちゃん、完璧に決めてくれて、あの場面で、もし声が出せたなら、絶叫してた!というくらい感動しましたね。会場が暗転しても、いつまでも鳴り止まない盛大な拍手!真央ちゃんにも観客の感動が届いていたと思います。

それと、Twitterにも写真出てましたけど、真央ちゃん、最終公演の蝶々夫人の演技の時、泣いてましたね。客席からも、目が光っているように見えて、もしかして?と思っていました。きっと色んな想いがあるプロなんでしょうね。全日本、そしてボストン世戦の時の蝶々夫人の演技、今も鮮明に覚えています(泣)。

そして、書かずにはいられない「凄い演技」だったのが、最終公演での無良君の「鐘」の演技!

前日、3Aが2本とも抜けてしまい、悔しい思いをしたんだと思いますが、この日は、冒頭から鬼気迫る気迫で、3Aを2本とも成功し、最後まで渾身の滑りを魅せてくれました。本当に痺れました!初演の新潟公演で初めて観た時から、この「鐘」というプログラムは、無良君の持つ「男臭さ」、「豪快さ」にピッタリ、ハマっていて心を奪われましたが、今回の公演でも、演技前のビデオが終わって、直ぐに盛大な拍手が起こり、拍手が静まった静寂の中でスターティングポーズをとっている無良君が、それだけで鳥肌立つくらいカッコ良くて、そして、そこからの情感を爆発させるような圧巻の滑り。無良君はフィニッシュした後、顔の前で両手を合わせましたが、それは3Lzがうまくいかなかったことへのものではなく、サンクスツアーに参加できたこと、このプロを滑れたことへの感謝だったのかな?と思いました。

もちろん、他のメンバーも凄かったです。星くんは、最終公演の「素敵なあなた」で、3−3を完璧に決めて、ガッツポーズを取り、その後、橋本くんともハイタッチ!最終公演では、ジャンプ、ノーミスでした。公演後、プロスケーターは引退するとの発表をしていましたが、華のあるスケーターですし、指導者としてスケートに関わっていくということでしょうから、また真央ちゃんと繋がることもあるかも知れませんね。

そして、最近は、星君が選ばれることが多かった、その「素敵なあなた」で、千秋楽公演、2日間とも真央ちゃんに選ばれたのがエルニでした。

ここ何公演か、リッツからの早着替えのところで、着替えに入る前、真央ちゃんに要求されてエルニが「Come Oooooon!」と大声で叫ぶという演出が定着してまして、最終公演では唄まで歌ってくれ、それへのご褒美ということかも知れませんが、「素敵なあなた」での逆リフト、真央ちゃんと完璧にシンクロする動き、そして「蝶々夫人」での共演での存在感、全てのプログラムでの、しなやかで美しい所作などなど、演技面での貢献度も大きいですし、何より、チーム真央のムードメーカーとしての貢献に対して、真央ちゃんも感謝しているのかなと思ったりしました。

遥ちゃんも、新加入して間もない頃は、少し表情も固かったですけど、本当に優しい微笑みを投げ掛けてくれるようになりましたし、リンクを疾走する、かっ飛びスケーティング、超高速スピンは健在で、観客を魅了し、チーム真央を支える存在になってくれました。

渚ちゃんは、初演の頃から、その魅力的な笑顔を絶やすことがなく、プロスケーター経験者として、若いスケーター達のお手本になってくれましたし、舞ちゃんが抜けた後、ポルウナで妖艶な演技を披露してくれました。

橋本君は、とにかくエンタータイナーでガッツを全面に出すタイプ。彼をリッツのパートナーに抜擢した真央Pの眼力も凄いですが、それに応える橋本君も素晴らしかった。息のピッタリあった二人のリッツ、本当に素敵なプロになりました。ラフマのソロパートで、色々なことにトライする姿勢も良かったですよね。

そして、マラルちゃん、まりちゃん、理紗ちゃんの3人は、本当にビックリするくらい成長しましたよね。無名のスケーターだった彼女達をオーディションで見出し、メンバーに抜擢した真央ちゃんも凄いですが、プレッシャーがある中、たゆみない努力で、スケーティング技術はもちろん、全ての要素の技術を格段に向上させ、最後は、各々が自然な笑顔を振りまきながら「観客に魅せる演技」が出来るまでになりました。長いツアーを通して、彼女達の成長を見守れて、ショー自体の完成度がどんどん高まっていくのを実感出来たのもMTTの大きな魅力の一つだったのでは?と思います。正に進化する「凄いショー」でしたよね。

 

3年間続いてきた、これまでのフィギュアスケートのアイスショーの常識を、ことごとく覆してきた浅田真央サンクスツアーの記念すべき千秋楽公演でしたが、ビデオで過去の真央ちゃんが涙を流した思い出のシーンの映像とメンバー達からの真央ちゃんへの感謝の言葉が流れ、最後に真央ちゃんが、マイクを持って、ファンや関係者への感謝の気持ちを伝えるという演出があった以外は、特別なことは一切ありませんでした。

でも、それで十分でした。会場にいたファンも、LIVE配信を観ていたファンも真央ちゃんとの時間を共有し、互いの感謝の気持ちを確かめ合えたと思います。

真央ちゃんからの、最後のメッセージの中で、

「3年前からスタートした、このサンクスツアーも”ようやく”終わりを迎えてしまいました」

という言葉がありました。少し、違和感のある表現と感じる人もいるでしょうけど、「MTTが終わるのが残念で寂しいという気持ち」と、「重圧から解放されてホッとする気持ち」が混在していることを、端的に表しているように自分は感じました。

真央ちゃん、3年間、本当にお疲れ様でした!

そして本当に有難うございました‼️

このショーのおかげで、どれだけ自分の人生が豊かになったことか、どれだけ楽しい時間を過ごせたことか、どれだけ勇気づけられたことか、そして、どれだけ素敵な思い出が出来たことか、本当にどれだけ感謝してもしきれないです。

真央ちゃんは、MTTが終わっても、スケートには携わってくれるとのこと、そして、真央リンクへの夢も現実のものとして動き出しているようです。

これからも、ずっと全力で真央ちゃんを応援し続けます❗️

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

浅田真央サンクスツアー横浜千秋楽公演‼️” に対して4件のコメントがあります。

  1. meiling より:

    おはようございます。

    ほんとうにおっしゃる通りでございます。本当に幸せな時間でした。

    ライブ配信、CS2日分、何度も見返して、そのたびに新しい発見があります。
    目が足りなくて、注目するところにより、ああこんな風だったんだと思うことしきりでした。特にCSではキャストのみんなにフォーカスしてくれて、表情やら所作のすばらしさに魅了されました。
    真央さんの心からの言葉にもうれしさがこみ上げてきます。心からありがとうと言いたいです。

    1. sakemove より:

      meilingさん

      いつも、コメントありがとうございます。
      我々ファンは、本当に幸せでしたよね。
      真央ちゃん自身も、幸せだったと言ってくれて嬉しかったです。
      MTTは終わりましたが、まだ真央ちゃんの挑戦は終わっていませんので
      全力で応援していきましょう!

  2. ナオ より:

    素晴らしいリポートです!!!
    自分も大千秋楽公演、会場にいましたが、こんな風に素敵な文章にして頂き感謝しかありません♡
    これからも共に真央ちゃんを応援していけたら嬉しいです。

    1. sakemove より:

      ナオさん

      コメント、有難うございます!本当に素晴らしい千秋楽公演でしたよね。
      まだまだ真央ちゃんのスケート人生は続きますので、これからも共に応援して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください