MTT福井公演‼️ー観光・グルメ編 その1ー

こんばんは。

連続で福井公演の観光・グルメ編いきます!

福井公演は1日1公演で、しかも17時からなので食事だけでなく、観光を楽しむ時間もたっぷりとありました。

敦賀駅に到着して、すぐにレンタカー借りて、最初に向かったのが「昆布館」。駐車場には大型の観光バスが何台も停まっていて、館内も大盛況でした。

そして早速食べたのが「昆布ソフト」。美味しいんですけど、想像していたより「昆布出汁」の風味は強くなくて、ちょっと物足りない?といいますか拍子抜けしました。

そして、次に向かったのが「中華そば一力」。

以前、新横浜のラーメン博物館にも出店したことがある大人気のご当地ラーメンで、敦賀に行くなら絶対行こう!と思っていたお店です。名物「中華そば」がコチラ。豚と鶏の骨と脂から取った出汁が絶品で、見た目は味が濃そうなスープですが、意外にあっさりしていて、焼豚も脂分が少なく最高に美味しかったです。もちろん、スープも完飲!また、新横浜に出店してくれないかな。

そして食事後は、真央ちゃんもTV番組の取材で行ったという気比神宮へ。

この鳥居は「日本三大鳥居」の一つということで確かに立派でした。因みに、あと二つは厳島神社と春日大社ということで、これも納得!

本殿はコチラ。しっかりお参りしてきました。

そして、敦賀駅までの参道を散策。敦賀は、港町として有名で、かつ第二次世界大戦までは、欧亜国際連絡列車」と言って、ウラジオストクからシベリア鉄道を経由してパリまで行くことが出来た交通の要所であり、その縁から、銀河鉄道999と宇宙戦艦ヤマトのオブジェが通り沿いに多数飾られているのです。

やっぱり自分は何と言っても「謎の女性」メーテルの大ファンだったので楽しかったです!

そして、赤煉瓦倉庫へ。横浜の赤レンガ倉庫に比べると規模は小さいですが、中に入るとお土産物屋さんの他にもお洒落なレストランも入ってて観光客で大賑わいでした。そう言えば、この日は、敦賀港に豪華客船ダイヤモンドプリンセス号が停泊していたこともあって、敦賀の街には外国人観光客も多くいて国際色豊かでした。

そして、スコールのような雨が降って濡れたタイルが陽に照らされて、ちょっと幻想的な風景に!

そして、楽しみにしていた今宵の宿へ。

正に海辺の宿で、お部屋からは、こんな長閑な景色が見えました。右側には小さく、豪華客船も写ってます。

さて、そして楽しみにしていた夕食です。

お食事処に入った途端、噎せ返るような蟹🦀の香りが部屋に充満していました。この時期、若狭ふぐも美味しいのですが、やはり何と言っても、蟹をメインの目的で訪問されているお客さんが多いということなのでしょう。

今回は、せっかくなので「越前蟹のフルコース」をオーダーしました。

テーブルの上には茹で蟹が置いてありました。ちゃんとタグも付いてます。

で、このタグ、マリちゃんがインスタであげてくれてた蟹に付いていたタグと同じでした!コチラが私が食べた蟹。

コチラがマリちゃんのインスタの蟹のタグ。同じ「敦賀港 平和丸」です!何だか嬉しい!

で、次に出てきたのが生の蟹。生も美味しいんですけど、なかなか身が上手く取れなくて苦戦(笑)。

で、途中から「焼き蟹」へ移行するわけです!

たっぷりと味噌が入った甲羅も焼いていきます。焼くことで、水分が飛んで、より濃厚になるんです!

たまらず日本酒をオーダー。まずはサンクスツアー のスポンサーでもあった黒龍酒造さんの利き酒セット!黒龍の貴醸酒は初めて飲みましたが、甘過ぎず美味しかったです。

で、茹で蟹の身を味噌に絡めて食べる・・・。もう至福の一言!

更に、蟹すきへ移行!

ここで、ほぼ初めて蟹以外のものを食べました!

でも、この時点で、既にお腹はいい感じで膨れてきてまして、正に、

「蟹とお酒だけでお腹が満たされていく!」

という非常に贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

 

そして、地元のお酒「早瀬浦 ひやおろし」をボトルでオーダー!

結構な辛口でしたが、食中酒にはぴったり!

何とか蟹すきも平らげたものの、さすがに締めの雑炊を食べる余力はなかったので、翌朝の朝食にいただくことにしました。

いやあああ、本当に蟹三昧で最高の夜でした!

どの食べ方も美味しいのですが、自分は写真が上手く撮れなかったので載せてないですが、個人的には、

「生の蟹の脚を、蟹すきの出汁にしゃぶしゃぶして蟹の身の華が咲いた状態で食べる!」

のが一番好きでした!

「その2」に続きます!

 

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください