MTT沖縄公演‼️ ー観光・グルメ編ー その1

こんにちは。

今回からMTT沖縄公演の時に訪れた観光地、食べた食事、飲んだお酒についてのレポートになります。

今回、沖縄には金曜日の早朝便で入って、月曜日の最終便の一本前の飛行機で帰ってきましたので、ほぼ丸4日滞在しましたので、真央ちゃん所縁の地を訪れ、沖縄料理、泡盛を堪能し、一応、リゾートホテルにも滞在したりと、非常に充実した時を過ごせました。なので「その5」くらいまで続くかも知れませんが、写真付き日記だと思って御笑覧ください。

まずは初日。空港から那覇市内中心部へ移動するため「ゆいレール」に乗ったのですが、その車両内で、いきなり「真央ちゃんとイチロー」がお出迎えしてくれて、テンション上がりました!

ホテルに荷物を預けた後は、国際通りを歩いて牧志の公設市場へ向かいました。

沖縄近海で獲れた海産物や地物の野菜など扱うお店がズラリと並び、見てまわるだけで楽しい!

沖縄ならではの色鮮やかな魚もたくさん並んでました。

活気があって風情もある那覇の一つの名所でもある、この市場ですが、実は今月16日に閉店し、仮市場へ移転し、建替えられるとのことでした。その直前に訪れることが出来て、古く良き雰囲気を体感できたのは本当に良かったです。

さて、市場をじっくりと見た後は、少し早めの昼食。沖縄そばの名店として知られる「首里そば」さんへ行ってきました。開店時間である11時半の15分前くらいに到着しましたが既に20人くらいの人が並んでる状態でした。でも、席数も多いし、沖縄そばのお店って、回転も早いので少しくらい行列が出来ていても結構すぐに入れるんですよね。

オーダーしたのは「首里そば(中)+じゅーしー」です。「じゅーしー」とは、炊き込みご飯のようなもので、具材やお出汁によって様々な種類がある沖縄料理です。

まずは首里そば!盛りつけも美しいですが、スープも鰹の出汁が効いてて絶品!😍因みに右側の白いものは、かまぼこっぽい、魚の練り物です。

そして「じゅーしー」。こちらもお出汁が効いてて美味しかったです。

腹ごしらえが終わり、MTT昼公演を満喫した後は、歩いて世界遺産の「識名園」へ。

金曜日の昼間なので、人も少なくて、園内をじっくり見てまわることが出来ました。

この日は、夕方公演が19時からでしたので終わるのも20時半頃ということで、移動時間も考えてお店の予約も21時半頃にしていました。

お伺いしたのは、コチラのお店。住宅街の一角の建物の二階に、ひっそりとあるお店ですが、食材にこだわった沖縄料理と泡盛を楽しめるお店です。

実は、去年、沖縄に行った時は1軒めに沖縄伝統料理の有名店に行き、あまりの期待外れの内容にがっかりして早々に切り上げ、2軒目に、コチラのお店にお邪魔して凄く楽しめたので、今回は絶対に最初からコチラのお店で、コース料理をいただこうと決めていて、満を持しての訪問だったのです(笑)。

まずはオリオンビールの生で乾杯!早い時間にお昼を食べてたので空きっ腹に染み入る〜。でも美味しい!

そして、真央ちゃんも絶賛していたジーマミー豆腐!落花生から作られる沖縄名物のこのお豆腐。モチモチというよりは、粘りっ気が凄くって、トルコアイスみたいな感じでした。味わいも濃厚でまじウマ!

お次は、島もずくとパッションフルーツの酢の物。島もずくの、しっかりした食感・・、単なる酢の物でなく、パッションフルーツの酸味がアクセントになって「沖縄感満載!」の一品。

そして自家製のチキアギ。チキアギとは沖縄に伝わる練り物を揚げた料理で「さつま揚げ」の起源なんだそうです。

そして、旬の島野菜サラダ。パパイヤ、トマト、トウモロコシの他に、あまり馴染みのない野菜も沢山あって、シンプルなドレッシングが素材の味を引き出してくれてヘルシーかつ美味しいサラダでした。今が旬のホワイトコーンの甘さが特に印象的でしたね。

ここで泡盛に移行!琉球ガラスの水割りセットも美しい・・・。

お次の料理は沖縄の代表的な料理であるラフテー。濃過ぎない絶妙の味付けで、プルプルした食感がたまらん!マスターによれば、ラフテーは本来、味噌味のものだったんだそうです。

どんどん出て来ます。これは「いろいろ旬野菜の天ぷら」。一番手前が「島らっきょ」。左奥が「もずく」。その他、宮古島ぜんまい、丸オクラ、うりずん豆など沖縄の旬が盛りだくさん!コチラの、お店、本当に「旬」にこだわっていらっしゃるので、絶対に今の時期に「海ぶどう」は出さないんだそうです。海ぶどうを、このお店で食べれるのは天然物が手に入る2月頃だけとのこと。この”こだわり”が良いですよね!

マスターとの会話も楽しいし、どんどん泡盛も進みます!

因みに、もずくの天ぷらのアップはコチラ。居酒屋などにも必ずあるメニューですが”モノ”が違います!

お次は「ピリ辛ゴーヤチャンプルー」。地元産の採れたてのゴーヤを使ってますので、やはり美味しい!

何だか、どんどんお酒のペースが早くなっているような・・・。泡盛の古酒へ移行。

で、石垣牛のステーキ‼️サシはあまり入っていない部位ですが柔らかくて美味しかったあ!

更に「本マグロ白子ポン酢」。もちろん、沖縄近海で獲れた本マグロです。マグロだけに白子も巨大!でも、大味ではなく濃厚で美味い!

お次の泡盛はコチラ。更に年代物の古酒へ・・・。

さすがに料理も大詰め。ミーバイの頭と島豆腐のマース煮。マースとは”塩”のことで、マース煮とは、白身魚を泡盛を加えた水で煮てシンプルにマース(塩)で味付けした沖縄の代表的な料理です。マジで泡盛に合います!

で、更に泡盛追加!今や昔ながらの釜で蒸留してる蔵は減って来ているとのこでです。ぶっちゃけ、この頃はかなり酔いが回ってきてました(笑)。

そして締めはじゅーしー。これは「フーチバーじゅーしー」というもので、フーチバーとは沖縄のヨモギのことなんだそうです。ヨモギのほろ苦さと出汁の旨味が最高!これは少し汁気が多いタイプなんですね。

デザートは完熟スナックパイン!

どうです?

予約する時に「とにかく、沖縄を満喫できる料理を!」とお願いはしていたのですが、本当に最初から最後まで、沖縄尽くし、そして旬のこだわり素材を用いた最高のコースでした!

マスター、有難うございました!絶対、また行きます!

沖縄、バンザイ!真央ちゃんもバンザイ!

というわけで、「その2」に続きます!

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください