浅田真央サンクスツアー 山梨公演! ーその2ー

こんにちは。

今日はMTT山梨公演のレポート、2回目です。

昨日のレポでは、舞ちゃんの怪我という緊急事態に際し、シェヘラザードに替えてノクターンを演目に加えたことを書きましたが、今回は、それ以外の変更点、気づいたことなどを書いてみたいと思います。

まずは、何と言っても、皆様、ご存知のように、真央ちゃんがラフマニノフのピアコンのジャンプを、

5連続+最後のジャンプにタノ💗付き

にしてきました!

 

昨年辺りから、多くの女子の現役選手がタノを多用し過ぎて、しかも汚いタノなのに、そこに加点の嵐!という茶番を散々みせられてウンザリしてて、そんな時、

「真央ちゃんのタノは美しかったなあ!」

と懐かしく思うことが多かったのですが、再び、それを観れて大感激でした!当然、会場も大歓声に包まれました!

そして、ジャンプを成功した後は、両手で軽くガッツポーズして、いつもの可愛いドヤ顔と満面の笑みでのステップ。

それにしても、このラフマのジャンプの進化、今後、どうなるんでしょうね?

真央ちゃん自身、ショーの最高の見せ場!として意識しているのと同時に、

自分のチャレンジの場!

として楽しみながら新しいことに取り組んでいる感がありますので、もしかして、将来的には、

3Lo ~3Lo

とかにトライしてくるような予感もします!まあ、やはり練習での成功確率次第なんでしょうけどね。

他の変更点で気づいた事としては、埼玉公演で舞ちゃんとマラルちゃんが接触したオーバー・ザ・レインボーで、後半、虹色の長い布を両手で持って、舞ちゃんと女性CASTが滑る時のフォーメーションが以前より、シンプルなものに変更されていたと思います。

それと、黒リチュの冒頭部分。真央ちゃんを含むCASTが、腰を低く落とし、右手を氷につけ、左手を鳥のようにパタパタしながら、時計回りに円を描いて滑るという振り付けに変更されていました。

前者は、当面の危機対応、後者は、プログラムの完成度を上げて行くためアイデアを出し合っての進化!ということなのかな?と思っています。

きっと、他にも気づいてない変更点、たくさんあるんだと思います。他にも、ここが変わってたよ!と、気づいてる方、是非、コメントで教えてください!

しかし、それにしても、既に、これだけ、評価が高く、人気があるショーなのに、更に、スケーター個々人でも、チーム全体でも、常に進化し続けようという姿勢が本当に凄いですよね。

そして、その他、気づいたこと書きます。

まず、初めて、噂の「無良提督タオル」を掲げている男性ファンを発見しました。土曜日の昼公演、ショーの最後、スケーターが周回する時に、ロングサイド、東側の北寄りの氷上席2列目辺りで、白い制服姿の無良提督のタオルを興奮した様子で振りまくる男性がいて、無良君も気づいて反応してました。無良君も、真央ちゃん同様、現役最後のシーズンは苦しいものでしたが、引退してから後、ジャンプも戻って来たし、こういった新しいファン層も獲得して、存在感も輝きも増す一方ですよね。

 

あと、これも土曜のお昼の公演ですけど、「山梨に来てくれて有難う!」という言葉とハート💗が描いてあるバナーを、ショートサイドのお客さん中心に、数十枚掲げている人達がいて、ホッコリしました。それ以外の公演では見かけませんでしたので、どなたか個人がコピーして賛同してくれる人達に会場で配ったのかな?と思います。我々、ファンの方こそ、真央ちゃんに感謝の気持ちを伝えたい!という気持ちには、本当に同意しますし、それを伝えるために実際にアクションを起こすのが素晴らしいです!

そう言えば、山梨公演では、真央ちゃんがスマイルで握手をしに行った時、そして素敵なあなたで投げキッスをしに行った時に、ターゲットになった人が、なかなか手を出さないというシーンが何度かありまして、もしかして、山梨県の人は遠慮深い、奥ゆかしい人が多いのかな?と思ったりました。某県の公演では、周りのお客さん含めて3人くらいが我先に手を伸ばしていたのとは対照的でしたね(笑)。まあ、たまたまなのかも知れないですし、自分も、いざターゲットになったら動揺しまくるでしょうから何とも言えませんが・・・。

さて、そして、山梨公演のハイライトは何と言っても、楽公演の、

真央ちゃんバースデイ・サプライズ!

でした。

開演30分前くらいに会場に入っていったら、全ての座席に上に紙が置いてあって、公演の最後に舞ちゃんの合図で、このバナーを掲げて欲しい!というコメントが書いてありました。

真央ちゃんの誕生日が2日後だということは当然頭に入ってましたし、土曜日に山本まりちゃんが20才の誕生日を迎えたことを氷上で紹介して皆んなでお祝いしてましたので、楽公演は何かあるかも?と思ってはいましたが、実際にはバナーを掲げるだけでなく、

まずモニターで、

①会場設営や音響、照明など、それぞれのスタッフ達からチーム単位でのお祝いメッセージ

②克っちゃんからのメッセージ

③チーム真央のメンバー、それぞれからのメッセージ

が流れ、その後、

④チーム真央のメンバーがつないで滑る愛の夢

があって、

⑤真央ちゃんの感涙に咽びながらの挨拶

の後、最後に、

⑥ファンがバナーを一斉に掲げてのサプライズ!

という非常に内容の濃いものでした。

サンクスツアー のように異例の長いツアーを成功させるためには、当然、スタッフ全員との関係も非常に大切ですけど、ビデオメッセージから、

サンクスツアーに関わる人達全体、いわば真央ファミリーの強い結束!

が感じられて、ホロっときたところに、エルニ君の詩的で真央愛溢れる真顔のメッセージが流れ、それを見た真央ちゃんもズッコケて大受けで、会場内も大爆笑に包まれ、そして真央ちゃんが自分が長くスケートを続けられていることに対する周囲の人達、ファンへの感謝の言葉を言おうとしたものの、泣いちゃって言葉に詰まってしまう場面では、自分も含めて多くのファンが涙腺崩壊・・・。そして、バナーを見た真央ちゃんが感激しながらも、「何て書いてあるんですか?」って言いながら客席に近寄っていくのを見て、またファンが笑う・・・。

真央ちゃんもファンも笑って泣いて、本当に、幸せな時間でした・・・。

そう言えば、本日、広島の追加公演発表されましたね。今度は何と、広島県外の人に広島に来てもらって、7月の豪雨災害に伴う風評被害に苦しむ広島を元気付けよう!というコンセプトで、これまでと逆で、

広島県外の人優先の公演!

ということのようです。

もう素晴らしいとしか言いようがありません。

結局、災害が起こると、マスゴミというのは、最も被害が大きい地域だけに何度も何度も取材に行って、中継をし、災害の酷さ、悲惨さを強調することや、災害から間もない段階での停電や交通機関の麻痺といったネガティブな情報をせっせと垂れ流すばかりで、その後の復旧状況や、被害から立ち直ろうとする地元の前向きな努力などは、殆ど報道しないので、結果として、ホテルや列車などのキャンセルが相次ぎ、旅行先を決める時にも、その地域が除外されてしまったりして、ますます復興が遅れてしまうというパターンになるわけです。悲惨な状況だけ垂れ流して、募金を募るのが復興支援だと思っているのでしょうけど、実際は、とにかく観光客にきて欲しい!というのが現場の切実な声なんです。それこそが一番の復興支援です!

真央ちゃん、ありがとう!本当に感謝です!

そう言えば、話は変わりますが、私は実家は広島県ですが、今は、横浜に住んでますので、神奈川県民先行抽選に申し込んだのですが、一次も二次も全て落選・・・。

藁をも掴む思いで、24日の月曜日に、自宅から電車で1時間弱のところにあるスーパーに行って、抽選会に参加したのでした。

抽選は、スロットマシンのような機械で、ボタンが3つあって、それを左側から順番に押して止めていって「図柄」か「数字」が3つ揃えば「当たり」というもので、まあ、当たるわけないよなあ、と思いつつ、まず1個目のボタンを押したら「赤の7」が出まして、次、2個目のボタンを押したら、また「赤の7」。ここで、スタッフの人達が、「おおおおお」って盛り上がり始めまして、まあ、自分も、また「赤の7」が出れば何か当たるんだろうなと思いつつ、3個目のボタンを押すと、出たんですよ!「赤の7」が!

そして、3人のスタッフからの、

「おめでとうございま〜す!」

の大合唱とともに、鐘がカランカランと鳴らされて、更に、

「一等賞で〜す!」

との声が・・・。

「えっ、一等ってことは、真央ちゃんのチケットですか?」

と興奮で震えながら聞くと、そうだって言うじゃないですか!

そして、その場でチケットをいただきました!正に、奇跡!夢じゃないか?と本気で思いました!

やはり、何が出たら一等賞なのかも確認しないでチャレンジした無欲の勝利?なのかも知れません。

でも、ホント、こういうことに運を使うなら大歓迎です!

今後も運気を高めるために、色んな所で徳を積んでいきたいと思います!

 

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください