台湾グルメ旅行❗️ーその3ー

こんばんは。

明日から、というか、もう今日、山梨のサンクスツアー に行くので、その前に台湾旅行の連投です!

3日目の朝も早く起きて、台湾新幹線で台中へ移動。この台湾新幹線は、車両はもちろん、オペレーション・システムなども全て日本製!ということで、時間も正確ですしメチャ快適!

駅のホームから階段を降りたところには大きな愛ちゃんのポスターもありました!

この日、目指したのは日月潭という台湾の観光地というか、リゾート地。

美しい湖と山並みが水墨画を思わせるような美しく幻想的な景色を創りだします。

天気が良くなるとこんな感じに!

もはや、誰も台湾だとは想像できないんじゃないでしょうか?南国の島のビーチリゾートみたいですよね!

いやあ、台湾、奥深いわ・・・。

このリゾート地に一泊したあとは、再び、台湾新幹線に乗って台北へ!

台北には夕方に着いたのですが、まずは、今回、食べていない小龍包を食べるために移動!

やっぱり美味しい!いくらでも食べれそうなんだけど、晩御飯が食べれなくなったら困るので二つで我慢!

そして、台湾ラストナイトのディナーは、台北在住の日本酒仲間の友人に紹介してもらった雲南料理のお店へ!

雲南料理なんて、初めて聞いたし、もちろん食べるのも初めて!

まずは、絶対頼むべき!と言われたエンドウ豆のスープ!いわゆるスナップエンドウの小さな豆を丹念にとって、チキンベースのスープに入れたもの。豆がプチプチ口の中ではじけて、なんとも言えない食感・・・。美味い!

次は、マコモダケと牛肉の炒め物。まあ、普通でした。期待が大き過ぎたかも・・・。しかし、このお店、素材をテーブルに持って来て見せてくれるのは面白いですね。料理と一緒に写真撮るといい感じです。

次は、ささげ豆のエビ団子。インゲン前の2倍以上の長さのあるものを適当な長さに切って、結んで、そこにエビのすり身の団子を絡めて火を通しタレで炒めたもの。これは美味しかった!

殆どの客が注文する台湾エリンギの炒め揚げ。うん、美味しいんだけど、なんか熱々じゃなくって、大量に作り置いていたのかな?という感じで、食感もフニャっとしてて、ちょっとイメージと違いました。サクサクしてないゴボウ天みたいな・・・。

最後、雲南キノコ炒飯!あっさりした味付けで、お米パラパラで美味!

ここで、もうお腹一杯だったのですが、何と、お店のオーナーのマダムからのデザートのサービスが!

まずは、蓮の実!これが、栗みたいな食感と味わいで絶品!

そして完熟マンゴー。台湾のマンゴー、まじで美味しいです!

台湾のレストランって、殆どが22時前にはクローズしますので、早くベッドに入れて寝ることが出来るんですよね。ですから、必然的に健康的な暮らしが出来ます(笑)。この日も、22時には寝て、台湾最後の朝も早めに起床!

歩いて、地元の人にも大人気のお店へ!そのお店は台北駅から徒歩10分ほどのビルの2階にあります。

このビルの2階に上がる階段のところに行くと、凄い行列ができてました。台湾では朝食を自宅で食べる人が少ないらしく、こういう外のお店で取るのだそうですが、驚くのは、朝っぱらから若いカップルが何組も食べにきていることです。学生さんなんですかね?朝食を食べに行くデートなんて新鮮な気もしますけど・・・。

2階に辿り着くと、作業場も見ることができます。

カウンターで自分の食べたいものを告げると、それを、どんどん、お盆の上に置いてくれて、最後に会計をするというシステムです。

頼んだのは、豆乳スープに揚げパンみたいなものを入れたものと、卵をクレープ生地のようなもので包んだもの。

両方とも最高に美味しかったです!

とにかく、まる四日間、ひたすら食べて食べて、食べまくった台湾旅行!今回、初めて行った、台湾の南部も、海鮮が美味しくて最高でした。まだまだ、行ってない地域も沢山ありますので、是非、また行ってみたいです!

それにしても、着物・真央、美しすぎます!

 

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください