マタギのお店?でジビエ食べて来ました!

こんにちは。

昨日は、海外赴任から帰国した友人を含めて、久しぶりに大学時代の友人達と食事をしました。

で、私が幹事でしたので選んだお店がコチラ。入口から凄いインパクト!

実は最初から、このお店の存在を知っていたのではなく、今回は新宿で個室のあるお店を探していたところ、このお店の名前に思わず反応してしまい、調べてみたら美味しそうなお店だったので迷わず予約したわけです。

今や、真央ファンにとっては「マタギ」、「狩り」、「イノシシ」、「ジビエ」というのは重要なキーワードですからね!(笑)

個室も、こんな感じで、壁には色んな「マタギ」関連のものが飾られていてテンション上がります。

ちょっと、古民家風の内装だし、真央ちゃんも気に入ってくれそう???

席に座って、箸を取ろうとすると、何やら箸袋に文字が書いてあるので良く見ると、箸袋自体が「おみくじ」なんです!

残念ながら自分は「小吉」でしたが、「超大吉」が出ると、次回の宴会時の飲み物が全て50%オフになるなどの特典があるらしいです。因みに「小吉」の内容は、こんな感じでした。なかなか楽しめます。

さて、ここからはオーダーした料理です。

まず、お通しは「冬瓜の鹿そぼろ肉あんかけ」

そして、「きりたんぽの柚子味噌かけ」

続いて、スジ肉の煮込み。何のスジ肉なんだか聞いてないのでわかりません(笑)

「猪のソーセージ」も絶品!

川エビの唐揚げもプリップリ!

馬刺しも頼んでみましたが、これも柔らかくて臭みがなくて◎

焼いたハンペンに味噌を乗せたもの?

そして、最後に紹介するのが、このお店の名物料理「ジビエ 三獣奏」!

どうです?美味そうでしょう?これで2人前です!

この日は、羊のタン(上)、鹿(左)、合鴨(下)の3種類でした。

この料理、オーダーしてから、30分近く経って出て来たのですが、本当に火入れの加減が絶妙なんですよね。

羊のタンは「しっとり」とした食感で仄かなピンク色、鹿は中までしっかり火は通っているものの、キチンと赤身も残っている状態、そして鴨は皮面はパリッとしていて香ばしく、中身は美しいピンク色で食べると肉汁が口の中に広がる感じ・・・。

3種類の異なった肉・部位をベストの状態に火入れして提供するのは、それだけの時間が必要なんでしょうね。

そう言えば、このお店、もう一つ面白いところがあって、追加のオーダーをする際にはテーブルにおいてある「コレ」を振って店員を呼ぶんです!

何故、マラカス?という気はしますが、マラカスの音って、結構響きますので、店員さんも、すぐに来てくれますし、何より、マラカスを振ること自体、最初は少し照れますけど、だんだん楽しくなってくるんですよね(笑)。

そして、そして、肝心のお酒。

この店は、日本酒、ワイン、焼酎、泡盛まで、こだわったものを揃えているので、お酒の好みの違う仲間が居ても対応できるのも、ここを選んだ理由の一つでした。自分は、どうしても、日本酒の美味しいお店を選びがちなもんで・・・。

この日、飲んだ日本酒はコチラ。その名もズバリ「gibier ジビエ」

ラベルのデザインも、鹿・猪・兎・鴨ということで良いですよね!

初めて飲みましたが、高知のお酒で、濃醇で、少し酸味があって、インパクトの強いジビエ料理にも負けない美味しいお酒でした。

ただ、自分は、ワインも好きなので、後半はジビエに合わせて赤ワインをいただきましたけど。。。

いやあ、美味しかったし、楽しかったです!

是非、真央ちゃんにもオススメです!

 

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

マタギのお店?でジビエ食べて来ました!” に対して1件のコメントがあります。

  1. nao より:

    エネルギッシュで素敵なリポートありがとうございます
    軽井沢もお酒も、そして真央ちゃんも全部大好きなので、楽しくワクワクしながら拝読させて頂きました!
    軽井沢のサンクスツアーも大成功、真央ちゃんもキレッキレだったようで嬉しい限りです。

    ちなみに、新潟公演、軽井沢公演と制覇されているとお見受けしますが、どうやったらそんなにチケットを取ることができるのかもしヒントを頂けたら嬉しいなと思いまして…。真央会も10数名で…とありますが、あれだけ激戦の公演を何度もかつ多勢のお仲間と一緒に参戦できるとは、何か特別なファン組織などあるのでしょうか⁉️
    フィギュア観戦経験が乏しいためお伺いさせて頂いた次第です。突然の失礼をお許し下さいませ。これからもブログ楽しみにさせて頂いております。

    1. sakemove より:

      naoさん、コメント有難うございます!チーム真央、本当にどんどん進化していますよ。今後も楽しみです。そして、チケット取りに関してですが。まずは、席の種類を欲張らない、そして、戻りを丹念にチェックする、都市伝説かも知れませんが、一般販売は地方のロッピーで参戦する!といったことを地道に実践しております。あと長野も、札幌も「見切れ席」が、かなり大量に投入されましたので、自分は、そこを狙って買ったりしてます。誰もがSSやS席で観たいと思いますので、ついつい抽選の時は高望みしてしまうのですが、今回の会場は小さいところが多いので、A席やB席。2階席、自由席などでも十分楽しめますからね。できれば見切れはないにこしたことはありませんが、アイスホッケーの会場である場合、アクリル板は必ずありますので、そこは割り切るしかないのかなと思います。仲の良い真央会のメンバー達も同じような感じでチケット取りに励んでいて、これは競技会の頃からですが、「絶対にヤフオクやチケ流で定価以上では購入しない!」という自分達の中のルールは守っています。そこで買ってしまうと、ダフ屋を利することになって、奴らを増長させてしまいますし、何より、サンクスツアーの趣旨を考えると絶対にやってはいけないことですから。参考になったかどうか、わかりませんが是非、頑張ってチゲットしてください!

      1. nao より:

        ご丁寧にご返信頂き本当にありがとうございます!チケット取りに関して、網羅的にわかりやすく教えて頂き感謝感謝です。基本に忠実に労力を使ってチケットを入手されているんですね。仰る通り、抽選の時は高望みしてしまってました。なかなか自由席から狙っていくという勇気もなくて。見切れ席もアリなんですね。本当にご親切にありがとうございました。これからもブログ楽しみにさせて頂いております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください