浅田真央サンクス・ツアー 長野公演! ーその2ー

こんにちは。

昨日、サンクスツアー に関して自分の思うことを長々と書かせていただいたんですが、今日は、もうちょっと雑談的なものを含めてサクッと書いてみようと思います。

まず、長野公演の席の配置はこんな感じでした。

自分は、長野は絶対大変な倍率だと思っていたので、一般抽選に応募する時は全て、第一希望を「自由席」にしていて、その甲斐あって、2公演をGET! 更に一般販売で奇跡的にS席を取れ、知り合いに取れていなかった公演の自由席を譲ってもらったことで、全公演観ることができました。

お陰様で初演では、立見で南側のど真ん中で観ることが出来まして、もう大感激でした!実は事前に、このリンクの写真をネットで見つけて、ベンチシートやアクリル板の存在もわかっていたので、自由席が取れたら絶対に立見で真ん中の席を狙う!と決めていたのです。もう、これが本当に大正解で、一切視界を遮るものがなく、見切れもなく、しかもリンクまでメチャ近いという、他の〇〇オン・アイスとかだったら間違いなく2万円以上取られるようなポジションで観ることが出来ました!そして。その価格が、何と3,500円ですよ!奥さん!

でも、この情報はすぐにtwitterで拡散されて、公演が回を重ねる毎に、南側の立見の席?というかスペースの争奪戦が激しくなっていき、楽公演では、あまりに自由席に並ぶ人が多いので、開場を予定よりも10分早めたらしいです(驚)。

北側の真ん中の立見も本来は良い場所なんでしょうけど、今回の公演では、北側のど真ん中に、アクリル板で覆われた構造物(障害物)があって、その真後ろは勿論、両脇のベンチシートや立見も、見切れる範囲が広過ぎて、さすがに、そこに陣取るのは厳しかったですね。もちろん、それを考慮して、自由席の販売数は圧倒的に南側の方が多くなっていたとは思います。

あと、新潟公演を終えた後の投稿で「真央悶絶注意席」をお知らせしましたが、今回の長野では、色々微調整がありましたので、お知らせしておきますね。

まず、リッツのステッキを渡す役は、お客さんじゃなくて、今回は全公演で橋本くんがやってました。今後も、そうなるのか?それはわかりません。ただ、今回の長野公演では、真央ちゃんにステッキを渡した橋本君が、端っこのカーテンのところから舞台裏の方にスムースに移動できたので、そうしたのか?、それとも、リッツ真央にステッキを渡す役目をお客さんにお願いするのは、やや難易度が高いのでやめたのか?、その真相は定かではありません。

その他の2箇所の「真央悶絶注意席」は新潟同様、要注意!でした(笑)。

ただ、新潟公演で、私が観た二公演では、いずれもロングサイドの端っこの席の人に握手も投げキッスも行ってたのですが、今回の長野公演では、ショートサイドのお客さんにもチャンスがあるという事がわかりました!ですので、

💗1と💗2近辺の1列目の人には、ロングサイド、ショートサイド共にチャンス有り!

です。

どの公演だったか忘れましたが、スマイルの握手の時に、真央ちゃんはロングサイドの端っこの女性を選んでるのに、その女性の隣の男性?とショートサイドの端っこの女性も加わって、合わせて3人が真央ちゃんに握手を迫る!というような事態も発生してました・・・。まあ、観てて微笑ましいのですが、あまりパニック的に殺到してしまうようになると、真央ちゃんが観客と触れ合うという、この「お楽しみ」がなくなってしまう可能性もあるので、今後、このエリアの席に座られる方は節度を持った対応をお願いしたいと思います(笑)。

でも、今回の「自由席」というカテゴリーを設けたのは素晴らしい判断だったと思います。お年寄りや小さなお子さんは多少視界は悪くても、座って観たいと思う人が多いでしょうし、一方で、プロ野球だって立見で観るような自分にとっては立見することは全く問題ないわけで、クリアに観える方が良いという価値観を持っている訳で、主催者側もチケット販売数に余裕を持たせることによって、そうした「棲み分け」が混乱なく自然になされることを想定していたんだと思います。

しかし、実際には、自由席はあくまでも自由席ということで、北側の真ん中に「障害物」があることもあって、公演が回を重ねる毎に、南側の立見席の競争率が高くなり、最後は、2階見切れ席の人達まで立見にきたりして、ちょっと大変な状況になっていました。

やはり全体的にショーの見せ場が東のショートサイドに偏りがちになるのは避けられないですし、実質的な締めのプログラムである、ラフマニノフピアノ協奏曲第2番の3Loを真央ちゃんが跳ぶ場所も★2の場所ですから、今回の自由席でいうと、南側の東寄りの方が興奮できたのは間違いないです。私は、幸運にも、この場所でも立見で観ることもできましたので大満足でした。あと北側だと、素敵なあなたの投げキッス、ヒューヒューポイントの近くもオススメです。

ラフマの3Loは、長野で初演で抜けて失敗して以来、やや緊張感のある中で真央ちゃんも取り組んでいる感じで、観客も、まるで試合を観ているかのような緊張感で見守って、成功したら大拍手!という状況になっていました。正に、ショーの締めくくりのプログラムの最大の見せ場であるSTEPの直前のジャンプですので、これは失敗出来ない!という緊張感というか、意気込みが真央ちゃんにもあって、それが我々にも伝わってくるんですよね!

因みに、★1は真央ちゃんがチェロ・スウィートで3Loを跳ぶ場所で、★2は無良君が鐘の時に最初に3Aを跳ぶところ、そして★1、3Aー3Tを跳ぶところです。(公演毎によって当然異なる可能性はあります!)

そう言えば、twitterで見かけたのですが、係員の人が氷上席の人に「危険だからスタオベしないでください」と注意したところ、その係員に真央ファンが逆ギレしてたという投稿がありましたが、本当の所はどうなんでしょうね?

本当にスタオベしただけで危険があるような弱い構造の席ならば主催者側にとって絶対に容認できないリスクですから、現場の係員に任せないで、ショーが始まる前に何度もアナウンスするなどして、危険性を知らせて絶対に禁止させるべきです。

事実を書きますと、長野公演は、楽公演は総スタオベでしたが、そのtwitterの投稿が事実だとしたら主催者側は本当にヒヤヒヤしながら、その状況を見ていたのでしょうか?

その辺りはハッキリとさせないといけないですね。

まあ、何はともあれ、素晴らしいショーを4回も観れて至福の時を過ごせました。

ショーの途中で、何度も乳幼児?の泣き叫ぶ声が聞こえる事がありましたが、全然気にならない。さすがにお母さんは、いたたまれなくなって、お子さんを抱いて退場されていましたが、そんな必要ないんじゃないかな?と思います。

だって、この真央ちゃんのショーに来ている観客で、赤ちゃんの鳴き声をうるさい!と迷惑がる人なんていないんじゃないですかね?むしろ、普通のアイス・ショーには来れない人達が来てくれてるのを見て、真央ちゃんの願いが叶った!と喜びますよね!

それにクレームする人がいたら、それは絶対に◯〇〇◯◯です!

 

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

浅田真央サンクス・ツアー 長野公演! ーその2ー” に対して1件のコメントがあります。

  1. シャチ より:

    はじめまして。
    新潟公演のブログを参考にして自由席の位置取りをしたところ、結果大正解でした。
    初めてのアイスショーだったので本当に助かりました!

    Twitterの黒リチュの写真拝見しました。真央ちゃん悪格好良かったですよね。悪い真央ちゃんとmen’sが思い出されます。
    ( フォローさせていただきました )

    1. sakemove より:

      シャチさま、

      コメント有難うございます!そして、私のブログが自由席での位置どりのお役にたったとのことで良かったです!
      今後も、真央ちゃんと日本酒に関する情報発信していきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください