ソチ・オリンピックの想い出 ーその2ー 奇跡のキャンセル?

こんばんは。

今日は、日本勢、メダルラッシュで素晴らしいですね!

個人的には、スノーボード、ハーフパイプの平野君の、演技の文句のない格好良さ・切れ味、そして淡々とした中に秘める闘志とプロフェッショナリズムに痺れましたね。是非、次の大会では金メダルを目指して欲しいです!

さて、今回は「ソチ観戦記」の第2話です。

前回は「ソチに行こう!」と決めたところまで書きました。

しかし、もう11月の中旬・・・。ほとんどのツアーは春先から募集されていて既に締め切られている状態。

中小も含めて幾つか旅行会社に問い合わせをしてみましたが、どこも「けんもほろろ」の対応ばかり。

やっぱり遅すぎたんだ・・・と諦めかけましたが、最後、ダメ元で最大手のJTBさんにトライしてみたところ、

「キャンセル待ちだったら受けることが出来ます!」

とのことだったので、即、その列に並びました。

そうして、その日、普通に仕事をしていたところ、夕方にJTBさんから電話が・・・。

「何か必要な情報を伝えてなかったのかな?」

と思ったのですが、何と、受話器の向こうから聞こえてきたのは、

「キャンセルが出ました!」

という声・・・。

「えっ、本当ですか?今日の今日で???」

全く予想していなかったですし、ちょっと信じられなかったですけど、興奮しながら、

「はい。申し込みます!」

と答えていたのでした。

何だろう???本当に不思議でした。もともと空いてたのか?本当に偶然、当日にキャンセルが出たのか?今となっては、真相はわかりませんが、やはり、これは運命だったとしか思えません。

そして、これが、そのツアーの日程です。

「女子ショート」「女子フリー」「エキシビジョン」、そして「閉会式」まで全て含まれているツアーで問題ありません。

しかし、これよく見ると、2月18日に日本を出発して「機中泊」して、そのまま2月19日のショートプログラムの観戦に向かうという、かなりハードなスケジュールだったんですよね

まあ、でも、選択肢は他にないわけですし、とにかく行くしかない!というか、

「オリンピックに真央ちゃんを応援に行ける!」

という実感が湧いてきた時、もう本当に嬉しくて気持ちが高揚していくのがわかりました。

それから、すぐに上司に休暇の申請を行い、職場の同僚や部下にもオリンピックに行くことを告げました。

当時の会社では、1〜3月は大事な時期なので、普通は誰も休暇は取らないのですが、誰もが、私がどれだけ真央ちゃんを応援しているかを知っていたので、快く送り出してくれる雰囲気で、とても有り難かったのを覚えています。

そして、ロシア大使館に行ってビザも取得して準備は万端!

そんな中、やはりチケットを取れていなかったんですが、

「やっぱりグランプリ・ファイナルも行きたいな」

と思い始め、再び、JTBさんのツアーをチェックすると、何と、まだ空きがあるじゃないですか!

自分は、それまで、アフリカのケニアに旅行した時以外はツアーで旅行するという経験がなく、全て自力で行っていて、正直ツアーに対しては、あまり良い印象は持っていなかったのですが、「チケットが取れてない場合」はツアーの利用も有効な場合があることを、この時初めて知りました。

そして、ご存知のように福岡グランプリ・ファイナルでは、真央ちゃんが優勝!

このグランプリ・ファイナルも、真央ちゃんのショートの3Aを回転不足と判定されて激怒し、翌日、抗議のバナーを掲げたり、会場で偶然席が近くだった人に宴会に誘ってもらって、初めて「真央会の楽しさ」を経験できたり、代々木で当日券に並んだ人たちと会場で再会して、フリーは3Aは一本にすべきじゃないか?と熱く議論したり、地元の鮨屋で絶品の鮨を味わったり、もう思い出満載の観戦旅行でした。

考えてみると、自分は、このグランプリ・ファイナルから完全に現地観戦派になった感じです。

生で真央ちゃんの演技を観て、息が苦しくなるくらい緊張し、感動をもらい、時にはやりきれない思いをすることもあるけど、その後は、仲間と美味しい地元の料理を食べて、お酒を飲みながら真央ちゃんについて熱く語り合う・・・。これは、もう最高ですね。生活の、ほぼ全てが真央ちゃんを中心に回っている・・・、そんな感覚ですけど、これが本当に楽しい・・・。そんな生活は今でも続いています。

そして、勿論、全日本選手権も行きました。

真央ちゃんがオリンピックに出れないなんて全く頭の隅にもなかったですけど、腰痛の悪化によって、フリーは苦しい演技となり、ライバルの異常な高得点もあって3位での代表決定となりました。あの時の茶番劇には、今思い出してもムカムカします。

それから、真央ちゃんの腰痛は大丈夫なのか? フリーのジャンプ構成はどうするのか?などと、気を揉みながら過ごしているところに、年末にはロシアのボルゴグラード駅で爆弾テロが起こり、オリンピック本番でも、テロを警戒する報道が盛んに行われるようになりました。テロが発生する確率は70%!なんて報道もあったくらいです。

親はもちろん、職場の同僚も、お客さんも心配してくれましたが、自分の中には全く迷いが生じることはありませんでした。

「そうなったら、しょうがない」

と本当に心から思えたのです。

そして、周囲の心配をよそに準備を始めました。まずは応援グッズ。

やっぱり日の丸でしょ!ということで、こんなものを購入。

真央ちゃんの名前を何とか入れよう!ということで国旗に真央ちゃんの名前も入れました。

実は、ソチのフリーの真央ちゃんの演技で2Aー3Tを跳ぶ時や、最後、ショートサイドに向けて挨拶をしてくれる時に、この国旗のおかげで自分の観戦していた場所を確認できるんですよね。

あっ、そう言えば、ソチの団体戦は、TVでリアルタイムで観ましたけど、その後、二度と映像は見てないし、あまり覚えてないのでコメントはなしということで。

というわけで、ツァーに申し込んでからも、色々とあったわけですが、遂に出発の日を迎えるわけです。

その3に続きます。

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください