明けましておめでとうございます!

皆様、

新年、明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します!

大晦日の真央ちゃんの滑りと姉妹愛の深さに号泣した後、元旦から実家のある広島に帰省しておりました。

自分が思ってるだけかも知れませんが、最近は、瀬戸内の美しさ、美味しさ、楽しさと言った観光資源が見直されている感じがあって、国内からの観光客はもちろんですが、海外からの観光客も急激に増えている感はありまして、嬉しい限りです。

実家から車で20分ほどの野呂山からの景色もこんな感じで美しい!

もちろん、実家では広島の地酒をグビグビ!

そして、実家に2泊した後、今日は京都へ移動!

毎年、1月には伏見稲荷さんへお参りするために必ず行ってます。

この写真を見ると天気は良いのですが、そこは、さすが京都で、途中で雪が降ってきて、風もピューピュー吹いて無茶苦茶寒かったです。

今年の干支、犬に因んだ、こんな日本酒も売られてました。

そして、お参りが終わったら八坂神社の近くの大好きなお寿司やさんに移動。

冬のおすすめメニューの蒸し寿司という熱々のお寿司をオーダー。

そして、せっかくなので飲んだことのない「ぐぢのヒレ酒」も頼んでみました。

フグのヒレ酒は何度も飲んだことありますが、ぐぢのは初めての体験でした。めちゃめちゃ大きいヒレが2枚入ってて、ちょっと焦げてて、味わいや香りはフグと似ている感じで美味しかったです。

寿司も蒸籠みたいなものに入っていて蒸気が上がるほどアツアツで、それに、またアツアツのヒレ酒を合わせるなんて、マジで最高でしたよ!

さて、体があったまった所で、ちょっと買い物なんぞをして、ホテルにチェックインして、晩御飯は先斗町へ。

この日、行ったのは「おばんざい」のお店で美味しかったのですが、店内での写真撮影が一切禁止されていて、せっかくの料理も紹介できません。お店のポリシーはわかりますけど、そこまで、厳しく規制する必要があるのかな?と、少し疑問に思いましたね。日本酒は、広島の賀茂鶴しか置いていませんでした。

このお店だけではなく、京都の有名な割烹のお店とか、料亭の、日本酒のメニューって、選択肢が殆どないことが多いんですよね。伏見のお酒一種類だけとか、それも、本醸造だけとか・・・。

料理がメインということで、お酒が個性を持ちすぎることを嫌っているのか?本当のことは、よくわかりませんが、かなり残念な思いをすることが多いのは事実です。

これだけ、美味しい料理があるのだから、それとお酒をどう合わせるのか?を追求していくと、もっともっと高みに到達できるのではないか?と思うんですけどね。

まあ、でも、京都というところは特別な所で、長い長い歴史があって現在があるわけですから、他所者が口を出すべきではないのでしょうね。

そして、先斗町からの帰り道、高島屋さんの前を通ると明日から開催されるタカシマオ展の準備の真っ最中でした!

どうやらソチラフマオとの撮影ポイントは一階に設置される?ようです。

因みに、7階の会場を覗いたところ、そこには「メリポピ」の撮影ポイントがありました!

そして、同じ一階には何やらステージらしきものも設営されておりました。

もしかして、ここでイベントあるのかなあ???

とにかく、明日が楽しみです。もう寝ます(笑)!

 

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください