八戸の夜と朝 南部もぐり➡︎ばんや➡︎みなと食堂➡︎八戸酒造

こんにちは。

今回は先日の東北旅行で八戸に泊まった時に行ったお店の紹介です。

でも、その前に八戸といえば、2011年の大震災の後の7月に被災された方々1400人を招いて真央ちゃんのTHE ICEチャリティー公演が開催された場所なんですよね。

ジュピターを滑った真央ちゃんは、まさに天から舞い降りた巫女のようでしたね。この衣装、今回のタカシマオ展にも展示してありますが、間近で見ると胴回りのところの装飾が、本当に美しくて感動しました。これから行かれる予定の方は是非、じっくり観てくださいね。

というわけで、そんな八戸ですが、実は、飲兵衛にとっては最高の街なんですよ。

美味い魚旨い酒が揃っていて、そして魅力的もお店がたくさんあります。

こんな風に、10席未満しか席がない個性的でアットホームな屋台が並ぶ上の写真のような横丁を始め、全部で8つの横丁が存在し、そのディープな雰囲気の中、観光客や地元の人が居酒屋ホッピングを楽しめるのです。

そんな中、今回、1軒目のお店に選んだのが、こちら「南部もぐり」というお店。

こちらのお店は屋台ではなく雑居ビルの2階に入っています。

カウンターとお座敷とありますが、カウンターの中で一人で料理を担当される親方と、それをサポートする奥様?との会話が楽しいとの事前情報がありましたので迷わずカウンター席を選択。

まずはビールをオーダーし、美味いと評判のホヤの刺身を注文!

お恥ずかしいですがホヤって殆ど食べたことがなくて、ましてや生で食べるのは初めてでしたが、嫌な臭みは一切なく、「海」といいますか「潮」の香りが押し寄せてくる感じで美味しかったです!

で、おかみさんに、

「この上の赤い部分もたべれるんですか?」

と真顔で質問したところ、

「それは殻だから食べれないよ」

と大笑いしながら答えてくれて、一気に親密度UP!(笑)

そして、このお店は、地元の酒蔵である八戸酒造さんの関係者も多数訪れるということで、日本酒も陸奥八仙のラインアップが超充実しているので、せっかくなので片っ端から八仙をオーダー。やはり、地元のお酒を地元の肴に合わせるのが一番美味しいですし、それこそが旅の醍醐味ですからね。

そして、親方に聞いた、今、食べておくべきオススメの肴を次々とオーダー。

八戸は鯖とイカが有名で、八戸前沖鯖という地域ブランドも存在するくらいで、またイカの水揚げ量ランキングでは、全国で断トツの一位を誇っています。左上の鯖は、シンプルに塩焼きにしてもらってレモンを絞って食べましたが、脂が乗っていて最高!右下のイカは、呼子のイカのような透明感はないのですが、鮮度は抜群なので、肝も食べれるんです。そして、この肝を溶いた醤油につけて食べる刺身がもう、絶品!そして、肝そのものを食べても、これが凄い風味で日本酒に合うこと、合うこと・・・。

右上はイワシですが、こちらも、じっくりと時間をかけて焼いてもらうと脂がしたたり落ちるくらいの上物でしたし、左下のの酢味噌和えは、口直しにもなり、ちょっとプリッとした食感も楽しめて日本酒がどんどん進みました。1月に行った秋田でも鮫料理を食べましたし、東北では鮫はポピュラーな食材なんですね。

さて、もう、すっかり親方夫婦と仲良くなって、色んな酒蔵の裏話なんかも聞かせてもらって、本当に楽しかったし、まだまだ食べたいメニューは山ほどあったのですが、やはり、別のお店にも行ってみたいので、締めの「せんべい汁」をオーダー。

「せんべい汁」とは、地元、八戸の郷土料理で、南部せんべいを醤油ベースの鶏出汁の効いたスープで牛蒡やネギ、キノコなどと共に鍋で煮込んだ料理で、かつてb1グランプリで金賞を獲ったこともある絶対食べたい料理のうちの一つでした。

そして、これが、もうB級グルメなんて言ったら失礼!な完成度で、本当に澄み切ったお出汁が体に染み入る感じで、水分を含んだせんべいの食感も絶妙!思わず「おかわり!」と言いそうなくらいでした。

忘れられないのは、この「せんべい汁」を「じゃあ、最後に締めでお願いします!」と頼んだ時の、

もう帰っちゃうの?という親方の寂しそうな表情

です(笑)。

おかみさんも会計してお店を出るまで、ずっと、カウンターの中から一生懸命に手を振って見送ってくれました。

八戸に来た時は、絶対また来ますよ!

さて、そして、2軒目です。

「八戸 居酒屋」でググれば必ず出てくる超有名店、「ばんや」さんです。あの吉田類さんの酒場放浪記でも紹介されて、開店前には行列が出来る人気店です。

 

無理かな〜と思って、21時前くらいに引き戸を開けてみると、何とラッキーなことにカウンター席に空きが・・・。

店内は、やや薄暗い照明で、こんな感じで雰囲気あります。

凄いのは、カウンターに座った途端、両隣のお客さんから話しかけられて、この日のオススメのおつまみを教えてくれて、一緒に飲んで、たくさん話をして、すぐに打ち解けられたことです。

中でも、このニシンの干物みたいなもの?は美味しかったですねえ。

右隣の席の若者は、八戸に社会人一年目に配属されて以来、6年間ずっと八戸に独り住まいで、毎晩飲み歩いているという強者で、ネットには載っていない地元民しか知らないディープなお店の情報も何軒か教えてもらえましたので、次に来た時には是非、トライしてみたいと思います。

そして、何と、翌朝は5時半前の始発電車に乗って、こちらも超有名な「みなと食堂」さんへ。

これ、まだ6時前なんですが、既に行列ができてます。でも、順番待ちのボードに名前と携帯番号を書いておけば席が空いたら連絡をくれるというシステムですので有難いんですよね。

まあ、でも、この日は約30分待ちで入店できました。

で、殆どの人がオーダーするのがこちら。

ヒラメ漬け丼です!

そして、前の夜に本当に感動した「せんべえ汁」とのセット、1,350円也!をオーダーしました。

いや、美味しかったですよ!お店の人も感じ良いし。ただ、期待が大きすぎたのか、私は普通だと思いました(笑)

あと、「せんべえ汁」も、牛蒡の風味が強すぎてイマイチ。

ということで、やっぱり、「南部もぐり」の親方のところにまた行きたい〜!と思った朝でした・・・(笑)。

さて、それで「みなと食堂」から、徒歩7〜8分のところに、昨日、しこたま飲んだ「陸奥 八仙」の蔵元である八戸酒造さんがありますので、散歩がてら寄ってみました。

早朝ですので、もちろん、見学もできませんし、中にも入れなかったのですが、やはり立派な建物でしたね。

今度は、冬に来て、是非とも酒造りの現場を見学させてもらいたいです。

いや〜、八戸、本当に良かったです。

八戸では、真央ちゃんがショーを行ったリンク以外にも、現在、3000人を収容できる新しいスケートリンクを建設中で、2019年に完成予定とのことですので、絶対に、いずれフィギュア・スケートの大会や、ショーが開催されることもあると思いますので、フィギュア・スケートファンの方も、是非、今回の投稿を参考にしていただければと思います!

宜しかったら励みになりますので下のバナーのクリック、お願い致します。次回は「真央の酒」かな〜。

ブログ・ランキングに参加してます!よろしければクリックお願いします! にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
日本酒ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です